2020年06月10日

間奏曲 Rくんの観察力 2020.06.10

仲良く遊ぶYちゃんとRくん 靴にも好み すべりだいのRくん
我が三孫達、幼くても物に対する好みは確たるものがあり、特に三歳前のRくんは煩いのです。テーシャツにしてもパンツにしてもパジャマにしても、何でも出されたものを着ると言う風の子供ではありません。何かと五月蠅く、気に入った同じものを身に付ける性癖があるのです。靴に付いても煩く、好みで無いものは履きません。一番困惑しているのがママのKさんです。

今日、Rくんはババチャンにこう尋ねたと言う事です。「バアバ、バアバの靴はジイジのお下がり?」、「違うよ!、これはバアバの靴、ジイジとお揃いの靴だよ」、「フーン、ジイジのかと想った」。自分の持ち物にも拘りがありますが、他人の物にも関心があるのですね。以前に我らは二人して通販のミズノのウォーキングシューズを買ったのでした。同じ色、同じデザイン、こんなおチビが観ているのですね〜、驚きました。好いものを身に着けないとね。馬鹿にされちゃいます。
posted by 三上和伸 at 21:22| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする