2020年07月06日

終曲 「逃げ恥」の脇役 2020.07.06

コロナ禍の昨今、落ち着かない毎日でしたが、暇な分、普段やれない学びや遊びが出来ました。特にテレビ鑑賞は、続々と懐かしの再放送ドラマが目白押しで、大いに楽しめました。

一途な女医志願の咲のはるか、嫉妬丸出しの純な紘子の貴子、そして愛らしい契約結婚妻・みくりの結衣、三者三様の女の素晴らしさを堪能させてくれました。本当に楽しい、2020の春・初夏・梅雨の時期を過ごさせて貰いました。良き女優たちに感謝・乾杯!

キャスティングが素晴らしかったのが「逃げ恥」でしたね。結衣も源も良かったですが、結衣の叔母役のゆり子が殊の外良かったですね。結衣に無い、大人の女の哀れがありましたね。設定は49歳、そのお相手となるのが、源の同僚の亮平、設定は32歳、年の差は17歳、これは大きな問題でした。実はブラームス20歳とクララ37歳も17歳差の恋愛の対象でした。尊敬と生身の恋愛、複雑な心模様で、喧嘩したり仲直りしたり、結局ブラームスはクララを諦めるのですが、亮平はめげずにゆり子をものにしました。ゆり子には心の隙間を埋める愛の拘りが無かったのですが、クララにはシューマンの残したピアノ曲がありました。クララは生涯、それらを愛したのでした。

そしてもう一人、子持ちのシングルマザー恵里菜、美しい女優で、一時、清酒黄桜のコマーシャルをやっていました。秀逸なコマーシャルで、私は惚れ惚れとして、その艶やかさに酔い痴れました。今やサッカー日本代表の柴崎岳夫人です。この恵里菜・安さんの赤ちゃんが可愛かったですね。チャンと食べたり、ご機嫌良く声を出したり、好い度胸の赤ちゃん子役でした。
posted by 三上和伸 at 23:08| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする