2020年07月11日

新とっておきの花・梅雨56 サルビアにクマバチ 2020.07.11

サルビアとクマバチ(熊蜂)
何方かが育てた美しいサルビアにクマバチが訪れていました。サルビアとはシソ科のアキギリ属の草を言います。種類が多く、セージとも混同されています。まあ、単なる園芸草花ですから、種の区分けはどうでも好いです。花期の長い花で、一度植えると、何時までも花を楽しむことが出来ます。丁度、クマバチ(熊蜂)が蜜を吸いに訪れていました。クマンバチと言う名がありますが、これはこのクマバチでは無く、スズメバチの事を指します。スズメバチは肉食で、ミツバチの巣などを襲う事で有名です。人間の近くに巣を作る蜂で、毎年、駆除の対象になっています。兎に角、その毒針が恐怖で、刺されるとタダでは済みません。近づかないようにしましょう。

クマバチは大きな蜂ですが、平和な花蜂です。

posted by 三上和伸 at 22:17| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする