2020年07月13日

音楽夜話 ブラームスのアルトラプソディー 2020.07.13

私のブラームスCDライブラリーの交響曲の棚に、唯一足りなかったのが、カール・ベーム指揮ウィーンフィルの第1、第2交響曲でした。LPレコードのものは昔買ってあるのですが、遥か昔にLPプレーヤーも壊れて無くなったので、簡単に聴けるCDが必要でした。幸いなことに、わがナッチャンの夫君・恵ちゃんが容易く仕入れてくれるので、お任せして、ベームのブラームス交響曲全集を買ってもらいました。

ブラームスのシンフォニー、古今東西の様々な指揮者が録音していますが、私にとっては、今一つの演奏ばかり、強いて上げれば、カルロス・クライバー・ウィーンフィル、カルロ・マリア・ジュリーニ・ウィーンフィル当たりがお気に入りでしたが、カール・ベーム・ウィーンフィルは、その上をいく最強の演奏でした。漸く1番2番を手に入れて、今の私、至極ご機嫌です。

ところが、この全集に、シンフォニーの他に、オマケで、コントラアルトのクリスタ・ルートヴィヒが歌うアルトラプソディーが入っていて、これが出色で、私は初めてアルトラプソディーに、感涙の涙を流しました。嘗てのブログのブラームスの傑作リストには入れなかったのですが、今、改めて、このアルトラプソディーを傑作と推奨いたします。正式名称は『ゲーテの「冬のハルツの旅」からの断章』で、この詩にアルト独唱と男声合唱に、オーケストラ伴奏を付けた合唱曲です。何れ、ブラームスの名曲で詳しく説明を書きます。

恵ちゃん、サンキュー!
posted by 三上和伸 at 23:09| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする