2020年07月15日

私の歳時記 盂蘭盆会 中元 2020.07.15

実家の盆棚      霊園に咲いていた山百合
実家の盆棚は、今年は野菜で作られていませんでした。義母も高齢(90歳)ですので、面倒なことはしなかったようです。来年は私が作りますね。午前中にお墓参りをしました。昨年同様に、霊園の周囲には山百合が咲いていました。

今日は盂蘭盆会、これは新暦で行われるお盆、本来は旧暦の七月十五日に行われるのが正しいのです。まあ、現代では盆休みと言う夏休みに行うのが通常で、8月の15日が一般的です。

盂蘭盆会の最大の関心事は先祖への慰霊です。今は亡き人を偲ぶのが最大の目的です。人類が生まれてから代々受け継がれてきた血縁、その一筋を与えられた自分、先祖の存在の有難さ、それを偲ぶのが盂蘭盆会の本来のやり方なのです。

中元は道教に由来する三元の一つの年中行事です。現代の日本では、新暦の7月15日に行われます。この時期に世話になった人に物を贈ることをお中元と言います。

三元とは1月15日を上元と言い、7月15日を中元と言う、そして10月15日を下元と言います。中元は盂蘭盆会と一体となった日で、罪を許す日です。
posted by 三上和伸 at 19:34| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする