2020年07月25日

音の風景 ヒグラシ・カノン、始まりました 2020.07.25

薄日が射したり、暗くなったり、雷が鳴ったり、雨が降ったり、変わりやすい目まぐるしい天候です。午後2時半、辺りが闇に包まれると鳴き出しました。夏と秋の狭間の風物詩・ヒグラシのカノン。ここ数日で、数を増したヒグラシゼミ、とうとう輪唱を始めました。正に森のカノン、ニイニイの通奏を従えて、頻りに鳴き交わすハーモニー、決死の極上の音楽がここにあります。
posted by 三上和伸 at 14:43| 音の風景… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする