2020年08月07日

私の歳時記 今日は立秋 2020.08.07

立春から始まる二十四節気の第13番目の立秋、七月節(旧暦6月後半から7月前半)で、太陽の黄経が135°の時、8月7日頃です。暦ではその日ですが、天文学的にはその瞬間で、今年は10時6分です。期間としても扱われるので、この日から次の二十四節気の処暑の前日までを立秋の期間と言います。大陸気候の中国で生まれた二十四節気、日本とは気候のずれがあり、日本の立秋は暑さの絶頂の頃に重なりますが、蝉以外の秋の虫が最初に鳴き出す頃でもあり、微少ながら秋の気配は致します。我が庭でも既に、ツヅレサセコオロギ(綴刺蟋蟀)が鳴いています。後十日もすれば、アオマツムシ(青松虫)も鳴くでしょう。

今日が立秋となると、未だ梅雨明けしていない東北北部の今年は、梅雨明け無しになりましたね。今日も雨が降っている模様です。
posted by 三上和伸 at 09:44| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする