2020年09月17日

終曲 一寸した贅沢 白海老と白魚の散らし寿司 2020.09.17

今日は午前中に横浜南部市場に行って来ました。粗2週間に1回の南部市場のお買い物。お目当ては新鮮な魚介とお肉、そして野菜に果物、一寸した贅沢をするために、遊びがてら、向かいました。
白海老 白魚
魚屋さんも数件あり、良く視定めて見比べて、その日の珍しいものを買って来ます。今日は出色で、細かいですが、富山の白海老と白魚を買いました。白海老の旬は夏、白魚の旬は秋ですね。見た目に艶があり、その新鮮さが良く解りました。有無を言わさず買い求めました。

白海老と白魚の散らし寿司
妻はお酒のお摘みにして、チビリチビリと極上の海老と魚を楽しみました。私は寿司飯の上に乗せて海鮮丼としました。白海老は私の生涯の初めての品、見た目が好いので殻付きで乗せましたが、少々髭と尻尾が歯に五月蠅い、仕方なく、一旦出して、殻と尻尾を全部取り、食べました。白魚よりもダントツに旨い白海老、正に舌に蕩ける旨味でした。桜海老より上、極上の海老でした。
posted by 三上和伸 at 22:40| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする