2020年09月18日

間奏曲 今晩のご飯 2020.09.18

昨日は南部市場でお買い物。その戦利品を使って今晩のご飯はこのようになりました。
栗・零余子(むかご)ご飯
栗と零余子(むかご)のご飯
八百屋さんで栗と零余子を買って来たので、ご覧のように栗零余子ご飯になりました。糯米も半量入れて炊きました。栗のほっくりと零余子のねっとり、ご飯と秋の実りが一体となって溶け合いました。旨い!

*むかご(零余子)はヤマノイモ(自然薯)の珠芽です。葉の脇に出来、これが地に落ちると、そこから発芽します。中身は殆どヤマノイモですから美味しいです。

間八(かんぱち) 間八刺身
魚屋さんには様々な魚がその姿を誇示していました。美味しそうでしょ! そのまま買っても好いですが、切り身も売っているので、今回は間八を選びました。スズキ目アジ科の高級魚、熱帯から温帯の海域に棲んでいます。カンパチ(間八)の名は、目の上にある模様が八の字に観える事からこの名になりました。ブリやヒラマサに近いアジ科の魚ですが、臭みの無いプリンとした食感があり、上品で私は好きです。

槍烏賊(やりいか) 槍烏賊の大根煮
ホタルイカで無く槍烏賊です。くどい蛍烏賊は苦手ですが、さっぱりした槍烏賊は美味しく感じられます。大根と煮ると最高です。
posted by 三上和伸 at 22:04| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする