2020年09月21日

新とっておきの花・中秋4 お花屋さんの花と実 2020.09.21

一昨日に続き昨日も近所のお花屋さんに行きました。母に贈る花籠と、横須賀の実家のお墓に供える供え花を買ったのでした。花屋さんは楽しいですね。買うつもりはなくとも花を観るだけで慰められます。オマケにタダで写真も撮って来られます。
鑑賞用唐辛子 ノボタン 姫林檎
鑑賞用唐辛子     ノボタン       姫林檎 
斑入りススキ 猫の髭
斑入りススキ     猫の髭

花屋さんは、野の花や庭先の花に無い、この季節の旬な栽培品種が観られます。

*観賞用の唐辛子は水分が少ない実なので、日持ちがします。赤にオレンジに黄色、暖色系の温かい色が美味しそうです。食べられますよね、辛いでしょうけれど…

*ノボタン。気品ある紫系の花色、綺麗です。まだ湿気もあり暑さも残る秋の日に、紫花は涼みが楽しめます。

*姫林檎、何か葡萄みたいですね。美味しいのでしょうか? 買う気はさらさらなかったですが、明日買ってみようかしら?

*斑入りススキ。植物の葉は緑の濃淡が着き易い種もあります。このススキも粋な濃淡が出ていました。ススキを育てるのは、空間と地面が要りますね。もしかしたら盆栽に出来ませんかね?

*猫の髭ですと。白い花、シャープで素敵ですね。

posted by 三上和伸 at 17:32| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする