2020年09月22日

新とっておきの花・中秋7 秋の実りの散歩道 2020.09.22

今は中秋の頃、流石に花は少なくなりましたが、その代わりに、実がチラホラと見え隠れし始めました。良く観ないと見過ごしてしまいますが、そこは植物観察のプロ?、地表・空中・天上と隈なく捜し、色々見付けだして来ました。
クリ(栗)
栗、もうイガイガが割れて来ました。中には艶のある褐色の実が覗いていました。栗名月は来月末(10月29日)ですが、もう熟し始めているのですね。そう言えば先日、私は今年初めての栗ご飯を食べていました。栗の甘露煮もね。

カキ(柿)
柿も色を変えて熟し始めていました。しかし随分小さい柿ですね。渋柿でしょうかね。一つ頂く訳にはいきませんからね。想像をしましょう。美味しい甘柿!

ジュズダマ(数珠玉)
ジュズダマ、これも実りのひとつです。紐を渡せば、きっと素敵な数珠玉になるでしょう。

アメリカハナミズキ(亜米利加花水木)
初夏に咲いたハナミズキも漸く実が生ってきました。赤い実、中々美しい実ですね。食べられるとは聞いていませんが、如何でしょうか? 調べました。ハナミズキの実は毒素があって食べられません。山にあるミズキは鳥の好物、近似種のヤマボウシは美味しく食べられます。

カリン(花梨)
カリン(花梨)の実が太って大きくなっていました。美味しそうに見えますが、硬くて渋くて毒もあって、生食は出来ないそうです。砂糖漬けやアルコール漬けにすると、毒も抜け、喉に良く香りも良いそうで、食べられます。

コムラサキ(小紫)
小紫、花の残っている株もありますが、全体に紫の実も大きく膨らんで、美しい照りを魅せていました。色、実の着き方、何て素敵なんでしょう。
posted by 三上和伸 at 21:08| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする