2020年10月26日

月に寄す 旧暦長月の十 十日夜の月 2020.10.26 19:07

旧暦長月の十 十日夜の月 2020.10.26 19:07
長月も十日になりました。1/3が過ぎました。されど長月と言えば十三夜と言う大切な観月があります。平安の雅人は月を愛でたそうで、中秋の名月と並び、殊の外十三夜の月を愛したそうです。しかも直に観るのではなく、池に舟を浮かべて、池に映った月を観たのだそうです。風流ですね。池の細波に揺ら揺ら揺れる月がベストだそうです。そう言えば、鎌倉の瑞泉寺の庭(石庭)にもそんな風流を愛でる池がありました。こちらは洞(ほら、天女洞)から池を観、池に映った月を愛でるのです。この卓越の境地を水月観と言うのだそうですよ。ムンクの絵にも水に映った月があります。月に水、世界共通の美意識なのでしょうか。
posted by 三上和伸 at 19:43| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする