2020年11月15日

私の歳時記 七五三のルーツ 2020.11.15

今日は七五三、毎年行われており、神社には幟が絶えません。今年の我が孫達は七五三に当たる年齢の子はいませんので、来年にする予定だそうです。Yちゃんが数え七歳の祝い、Rくんが数え五歳の祝いをするそうです。昨年は長女のNちゃんが七歳の七五三を祝いました。この子たちの氏神の伊勢原比々多神社でしました。

子どもが三歳・五歳・七歳に祝う七五三。11月15日に氏神様に、これまでの子どもの無事を感謝し、この先の子どもの成長を願い祈願する行事が七五三です。七五三にはどんなルーツがあったのか、少し調べてみました。

古来、医療が未熟だった時代は、子どもの死亡率が高く、「七歳までは神の子」と言う言い慣わしがありました。その子の無事を神頼みにしていたのですね。従って子供の成長を願う様々な風習がありました。その代表が七五三で、その原型は平安時代に遡ると謂れています。三歳の男女の「髪置き」、五歳の男女の「袴着」、七歳の女児の「帯解き」がそうであったようです。

三歳男女の「髪置き(かみおき)」は、生後七日に産毛を剃り、三歳までは坊主頭で育て、髪を伸ばし始めるのが三歳の春だったそうで、この時「髪置き」の儀式を済ませたのだそうです。これが三歳の祝いです。

五歳男女の「袴着(はかまぎ)」の儀式も平安時代に始まったそうで、この祝いの日に初めて、袴と言う着衣を着け始めたそうです。鎌倉時代に入るとこの儀式は、11月15日に行う事が定められ、これが七五三の期日の決まりとなったようです。江戸時代に入ると五歳の袴着は男児のみの祝いとなり、今日に繋がって行きます。

七歳は「帯解き(おびとき)」で、紐(付帯つけおび)で結んでいた着物を紐は止めにして、帯で結ぶようになる最初が帯解きの祝いです。ですからこの儀式、帯直し・帯初め・紐解き・紐落しとも言われています。鎌倉時代に始まりしたが、正式に「帯解きの儀」となったのが室町時代で、さらに後の江戸期には、男児は袴着と同じで五歳で祝い、女児は七歳で祝うように分かれました。
posted by 三上和伸 at 16:40| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする