2020年11月17日

間奏曲 湯布院殺人事件(2002年)観る 懐かしい女優が一杯 2020.11.17

最近見たテレビサスペンスドラマ「湯布院殺人事件」に、昔懐かしい女優が沢山出ていました。原作は内田康夫で、主演は和泉教授役に橋爪功、その妻にいしだあゆみが出演していました。18年前のいしだあゆみ(58歳)、痩せていますが微かな色香が漂い、優しい好い女房役をやっていました。ゲストは多士済々、美女取り取り、ヒロインに若き宮本真希(25歳)、真希の姉に高瀬春奈(48歳)、この姉妹、肉感的で、凛とした佇まいを魅せ、飛び切り魅力的でした。料亭の女将役に磯村みどり(62歳)、昔は可愛かったのですがね。お手代役に大好きな服部妙子(57歳)、顔・声・佇まい、全て好きでした。もう堪えられませんでした。

男優陣も錚々たるメンバーでした。橋爪功・徳井優・モロ師岡・佐原健二・萩原流行・有川博・西田健・鈴木瑞穂・犬塚博。善人役の犬塚が殺人を犯す、内田にしては余り面白くない内容でしたが、バラエティーに富んだ配役が楽しみを倍増させました。

子役(広田亮平)が出ていまして、いしだが愛おしそうに広田を擁護する姿、その仮想の孫を慈しむ風情が何とも優し気でした。いしだ、良かったです。
posted by 三上和伸 at 22:39| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする