2021年01月10日

新とっておきの花・仲冬3 アロエの花 2021.01.10

コロナ蔓延の非常事態となりまして、ステイホームが叫ばれています。私も新年の働き出しをしようとしていた矢先でしたが、今は自重しています。暫く様子を見てから仕事始めの皮切りを切りたいと思っています。また無聊(たいくつ)になったので、ウォーキングを始めました。何時もの散歩道、冬の花・アロエに出合いました。
アロエの花
アロエ・蘆會(ろかい・ロエ〈アロエをロエと〉)・医者いらず ユリ科アロエ属の多肉常緑多年草で、南アフリカの乾燥地帯に自生します。多くの種類がありますが、一般的には昔から栽培されている「医者いらず」が多数を占めます。名の通り万能薬で、古代エジプトの王族の愛用の植物でした。クレオパトラも己が美を追求するために使ったそうです。飲用・食用・貼付用・浴用剤などに使ったそうです。花は中々に奇怪なもので、初めて観た時は驚いたものです。 
posted by 三上和伸 at 17:15| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする