2021年01月29日

月に寄す 旧暦師走の十七 師走の望・満月・ウルフムーン 2021.01.29 19:12

旧暦師走の十七 師走の望・満月 2021.01.29 19:12
旧暦を持ち出せば、今日は令和2年の最後の月・師走の中日とも言えます。一年で最後の満月、師走の満月が美しく眺められました。昔の日本と同じ陰暦を使っていたアメリカの先住民・ネイティブ・アメリカンの言い伝えでは、この旧暦12月(新暦1月)の満月をウルフムーンと言っていたそうです。この季節のアメリカの原野では、狼の繁殖期に当たり、狼の遠吠えが聞こえていたそうです。狼に畏敬の念を持っていた先住民は、この季節の満月を「ウルフムーン」と呼んでいたそうです。彼らにとって満月は、季節や暦を知るよすが(縁)であって、月に名を着けて、その季節の特徴を憶え、生活の拠り所としていたようです。師走の満月・ウルフムーン、今年は美しく観えました。
posted by 三上和伸 at 19:54| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする