2021年01月31日

新とっておきの花・早春1 私の散歩道 2021.01.31

早春と言うには少し早いかも知れませんが、明後日が節分、明々後日が立春です。散歩道も早い春の気配が漂って来ました。今日の散歩は、春の先駆けを見付けに出ました。
赤カブ
路傍の無人野菜売り場、綺麗な赤カブが並んでいました。赤カブ、この漬物が大好きな赤かぶ検事なるテレビドラマで有名になりました。岐阜が名産なのですね。私も白川郷で買って食べた記憶があります。味は先ず先ずですかね。
セイヨウタンポポ
セイヨウタンポポ
性質が日本タンポポと違って、時期を選ばず、比較的節操が無く、咲き出す草です。日本タンポポの花は、春のホンの一時に集中しますが、このタンポポは長い期間に咲きます。旬を得ない、可哀想ですが、余り有り難くない花です。
ハラン(葉蘭)
葉蘭(ハラン)
日本料理などに入っている料理の区切りや敷物として使われる葉です。板前の包丁さばきの妙が覗える品です。現代の寿司の折には、プラスティックの代用物が使われていますが、これは板前の技の後退に繋がっていると感じられます。是非、本物のハランを使って欲しいですね。寿司屋(料理屋)の庭で栽培すればいいのですからね。
門のシーサー
散歩道には様々なお家が建っています。趣向を凝らした家も見掛け、このようにシーサーを門にはめ込んでいるお宅もあります。若しかしたら沖縄出身の人かしら…
雑草の若芽      カラスノエンドウの若芽
春が近づくと、俄かに、地面が緑に色付きます。春咲きの雑草の芽(株)が伸びて来るのです。早春とはそう言う季節、もう冬枯れではありません。日溜まりは、命が息づいて来るのです。春の七草とはそう言った物、その若い芽を摘んで、七草粥にするのです。旧暦では立春の頃に正月を迎え、その七日後が七草ですから…。
エリカ
エリカの咲く頃、エリカ、女性の名にも使われる、素敵な名前ですね。如何にも美人さんの名です。
蕾膨らむ白梅
紅梅に比べれば白梅は咲き出すのが遅いようです。白梅の枝、蕾が膨らんでいます。所々、綻んでいます。花は少ないですが、好い香りでした。

posted by 三上和伸 at 20:58| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする