2021年02月05日

新とっておきの花・早春3 ツグミ・三浦大根・柚子・私の散歩道 2021.02.05

ツグミ(鶫)
ツグミ(鶫) スズメ目ツグミ科の野鳥。シベリア中東部で繁殖し、秋に日本に渡来する渡り鳥です。毎年少数ながら、我が団地にも渡来します。地面を歩き回って虫を採食します。こんな冬に虫はいるのかしら?と思いますが、啄んでいる様子を観れば、やはり虫はいるようです。素早い鳥ですが、昔はカスミ網(捕鳥網)で捕らえ、食用とされていました。食べた事がないですが、美味しいのでしょうね。
白梅
清冽な白梅、姿、そして匂い、早春の素晴らしい花です。
サザンカ(山茶花)
山茶花 もうそろそろお終いの花ですね。これから先は椿にその座を譲ります。冬の彩には無くてはならない花でした。
三浦大根
三浦大根 尻尾になるに従って太い(中太り)大根です。白首大根の代表的品種です。首の方は硬くパリッとした食感で刺身の妻に良く、下方は柔らかくも煮崩れし難く、おでんや煮物に最適な大根とされてきました。しかし、この紡錘形の形が抜き辛く、栽培に手間がかかるため青首大根に押されて、作付けが減りました。今や高価で貴重な大根となりました。
ユズ(柚子)
このイボイボの表皮が柚子の証です。香り床しい柑橘の王者です。
posted by 三上和伸 at 21:47| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする