2021年02月23日

新とっておきの花・早春6 観梅ウォーキング 2021.02.23

朝から北風が吹いていましたが、未だ気温は高く、妻からお誘いを受けて、近所の万騎が原大池公園へ散歩に出ました。丁度梅の最盛期であり、観梅ウォーキングと洒落ました。
万騎が原大池と芦原   ツグミ
小高い丘と雑木林に囲まれた大池、ここは芦原が広がっており、野鳥の宝庫でもあります。春ですね。ウグイスとシジュウカラが鳴き交わしていました。そして地べたを這いずり回っているツグミも見掛けました。かなりの数の野鳥が訪れる大池、バードウォッチングには最適の公園です。
白梅          梅のプロムナード    紅梅
白梅と紅梅、適度に混ざり合って、梅のプロムナードを形作っています。ノンビリゆったり歩けば、視覚の他に嗅覚も刺激をしてくれます。辺りは清々しい香が充満しており、私は鼻だけでなく、全身にその香を浴びて陶酔しているのです。早春の喜び、それは梅の香に宿ります。
オオイヌノフグリ    菜の花        ホトケノザ
空中の梅も素敵ですが、地の草花も愛らしいものです。冬の間に着々と成長を続け、蕾を持ち花開くのです。名木とは趣が異なり、健気で強か、そして素朴な美しさ、私は判官贔屓の花盗人?、田舎娘が好きなのです。



posted by 三上和伸 at 22:41| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする