2021年02月26日

音楽歳時記2 ジュゼッペ・タルティーニ忌日 2021.02.26

旧暦睦月の十五 十五夜の月(幾望の月)2021.02.26 19:54
旧暦睦月の十五夜の月(幾望)

1770年のこの日、イタリアのヴァイオリニスト・ジュゼッペ・タルティーニが亡くなりました。タルティーニは初め修道士を目指していましたが、同時に学んでいたヴァイオリン演奏で頭角を現し、激しい訓練の末、名ヴァイオリニストとなりました。多くの生徒を持ち、和声や音響学の権威ともなり、名を成しました。

18世紀バロックのタルティーニを後世に伝えた最大の産物(証拠)は、「悪魔のトリル」と題された自作のヴァイオリンソナタの存在です。特にその悪魔のトリルと言われた部分は、第3楽章のアレグロ・アッサイに3回に亘って現れます。ダブルストップ(重音奏法、高音で二本指を使ってトリルをし、同時にもう一つの旋律を弾く)の激烈な運指をする難曲で、その悲劇性と相俟って、ヴァイオリン曲の傑作と言われています。後年、現代のヴァイオリニスト・フィリッツ・クライスラーに依るカデンツァは特に素晴らしく、名曲を残したタルティーニ、そしてクライスラーの冥福を祈りましょう。
posted by 三上和伸 at 22:19| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする