2021年04月03日

終曲 母は95歳になりました 2021.04.03

ラッパズイセン
ラッパズイセン
今日は母の95歳の誕生日でした。花を持って老健を訪ねました。1926年(大正15年)4月3日生まれ、丁度爛漫の季節、ブラームスの命日と同じ日です。期せずして同じ日にちになりました。95歳、ほぼ1世紀の間を生きて来たのですね。お目出度い事ですが、もう少し目出度くするには、この老人がもう少し努力をしてくれれば好いのですがね。努力、力を使わない努力、そうです、少し考えて、悟りを開いて前向きに生きてくれると、観ている息子の私は安心するのですがね。確かに一緒に暮らさず、母を老健と言う姥捨て山に捨てている状態ではありますがね。でもね、多くの労力を使わなくて済む訳で、家族の軋轢は避けられるのです。施設にしても経営や存続にとって、有効な資源を得られますからね。必要不可欠なものがあります。

今は施設のお陰で母は健康です。不測の事態が無い限り、100歳を迎えるかも知れません。
posted by 三上和伸 at 22:34| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする