2021年04月24日

間奏曲 ドラゴン桜2005最終回、面白かったですね 2021.04.24

昨日と言うよりは今朝未明に放送されたドラゴン桜・最終回、面白かったですね。私が愛するガッキー(顔黒のJK・香坂よしの役)は初めは矢島勇介(山下智久)のホンの彼女だったのですね。東大特進クラス入りも彼氏(矢島)にくっ付いて入ったのでした。

ところが矢島が水野直美(長澤まさみ)と親しくなるに連れ、焼き餅を焼きつつも、特進クラスの東大受験勉強に興味を持ち、最終的には矢島を見限って、見事、東大合格を果たすのですね。矢島も合格するのですが、矢島は家庭の事情で、東大入学を諦め、独学で弁護士になると言い出しました。しかし、矢島を見限ったガッキーは、衆目の前の最後の言葉で「私は東大に行きます。初めは何となく始めた受験勉強でしたが、勉強するうちに色々な事が解って来て、面白くなりました」と勝者の弁を語ったのでした。演技(テレビドラマ2作目)は他のキャストに後れを取っていましたが、この時の笑顔と自信に満ちたコメントが白眉であり、このドラマの成功に繋がっていました。顔黒の顔の中に、力を秘めた魅力的な瞳があり、その大きく見開いた目は燦然と輝いていました。後のみくりの面影がありました。
posted by 三上和伸 at 14:46| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする