2021年04月25日

私の歳時記 ギロチンの日 2021.04.25

1792年のこの日、フランスでギロチンが実用化されたそうです。当時はフランス革命後の恐怖政治の時代、多くの貴族や政治家に市民が政治犯として処刑されていました。しかし処刑には手間もかかり、される方は苦痛も大きく、問題視されていました。そこで内科医であり、国民議会議員だったジョゼフ・ギヨタンが、一瞬で命を奪える断頭機器・ギロチンを発明しました。ルイ16世やその妻のマリー・アントワネットもギロチンで一刀(頭)両断されました。 ギロチンの名は、発明者のギヨタンから採られたギヨチーヌが先にあって、そのギヨチーヌが、後に、ドイツ語読みになったのがギロチンだそうです。
posted by 三上和伸 at 22:31| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする