2021年04月28日

私の歳時記 興福寺五重塔創建 2021.04.28

国宝・興福寺五重塔は、天平2年4月28日(730年5月19日)に、藤原不比等の娘・光明皇后の発案に依って創建されました。その後5回の焼失・再建を経て、現在の塔は、応永33年(1426年)頃に再建されたものだそうです。東寺に次ぐ日本で2番目に高い塔で、50.1mあるそうで、奈良の代表的五重塔です。

五重塔とは、釈尊(釈迦)の舎利(遺骨)を納める塔で、釈迦の墓標の意味があります。仏教寺院の権威の象徴です。奈良・京都には素晴らしい五重塔がありますが、鎌倉には一塔しかありません。それは鎌倉市では無く、藤沢市なのですが、江ノ島の直ぐ近くにある日蓮宗・龍口寺の五重塔です。
posted by 三上和伸 at 19:32| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする