2021年05月09日

私の歳時記 芭蕉、松島で句作れず 2021.05.09

1689年の5月9日(新暦6月25日)に松島に到着した芭蕉でしたが、その景色の素晴らしさに幻惑され、句が作れませんでした。人間、余りに美しく素晴らしい対象に出合うと、脳が麻痺し、何も語れなくなる時があります。芭蕉は予め用意していた言葉がこの景色に適切でなく、無理に句を捻り出すことに躊躇したようです。賢明な判断だったと思われます。インスピレーションは天から降って来ます。俳句は即興芸ですから、目が眩んで何も出来ない事があります。駄作を作らずに済みました。
posted by 三上和伸 at 20:35| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする