2021年10月01日

間奏曲 引退の白鵬とハンカチ王子(斎藤佑樹) 2021.10.01

物凄い大記録を上げた大相撲の白鵬と、期待は大きかったが活躍できなかったハンカチ王子、共に現役引退を表明しました。まあ、私の印象としては、両者とも、遅きに失したと申して好いと思います。白鵬、嘗ては綺麗な相撲を取り、姿も美しく、好い相撲取りでした。しかし、日馬富士・貴乃花部屋問題などで、噂ですが、渦中の人となり、晩年の相撲では、「張り手」「かちあげ」などのボクシング紛いの汚い手を使いました。私の印象は極めて悪くなり、もう相撲を観る気が無くなりました。唯一、期待していたのが稀勢の里で、彼がモンゴル勢を蹴散らしてくれることを期待していました。けれど残念ながら、引退が早かったですね。

ハンカチ王子は人気先行の悲劇がありました。甲子園でマー君(田中将大)に勝ったがために、そのマー君に実力で敗れ、大リーガー・マー君に決定的な差を付けられてしまいました。情けない話ですが才能か?努力か?、何かが足りなかったのですね。私に言わせれば野球への愛、愛は多くのアイデアを生みます。体力勝負もありますが、スポーツ選手でも職人でも、技能に於いては、アイデア勝負です。

第二の人生を頑張って欲しいですね。アイデアを生み出して欲しいです。
posted by 三上和伸 at 17:55| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする