2017年01月28日

季節の風景4 早春と言えば早いけど、春の花満開 20l7.01.28

陽気に誘われて一寸短い旅をしてきました。訪ねたのは秦野の出雲大社相模分祀、松田町の寄、二宮の吾妻山、一足早い春を感じて来ました。

ソシンロウバイ 菜の花
早春と言えば早いですけど、今日のような春めいた日には黄色い花が眩しく観えます。季節は寒ですけれど、もう春の足音が忍び寄って来ています。

今日は松田町寄(やどりき)のロウバイ(蠟梅、ソシンロウバイ)と二宮吾妻山の菜の花を愛でて来ました。どちらも香りが豊かで、眺めているとそこはかとなく漂ってきます。「冬は季節が死ぬのでは無く、春を産む力」と歌った歌手がいるのですが、今日の蝋梅と菜花は、正にそんな春を産む力を持った花でした。
posted by 三上和伸 at 23:33| 季節の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

季節の風景3 富士山初冠雪が望めたそうです 2016.10.26 06:30

甲府地方気象台が富士山の初冠雪を観測したと発表しました。平年より26日遅く、昨年より15日遅い観測だったそうです。富士山観測史上、過去最も遅い観測だったそうです。

富士の初冠雪には定義があるそうで、山頂付近が雪または固形降水に覆われ、甲府地方気象台より白く観えたその時が、初冠雪なのだそうです。雲が掛かっていて、甲府より山頂付近が観えなければ、仮にそこが雪に覆われていようと、初冠雪観望とはならないのだそうです。仮令、静岡側や神奈川県から冠雪が観えたとしても、甲府で観えなければ、初冠雪とはならないのだそうです。山梨こそ、富士山の地元なのですね。凄い依怙贔屓!
posted by 三上和伸 at 15:29| 季節の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

季節の風景2 高麗本郷の巾着田の曼珠沙華(彼岸花) 2016.09.24

これは私の写真の話では無く、ネットに掲載された、ある方がドローンを使い撮影した曼珠沙華の写真の話。正にドローンを使ったことが幸いをした天上の紅い華の謂れに適う、見事な写真でした。場所は埼玉県日高市の通称巾着田、荒川支流の高麗川が蛇行をした部分に開かれた田畑を言い、その河川敷が日本一の曼珠沙華の名所となっているのです。

その真っ赤な絨毯、それはまるで別世界の新天地であり、赤いパラダイスと形容しても良いくらいです。
posted by 三上和伸 at 21:28| 季節の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

季節の風景1 処暑の間、二百十日、正に季節の変わり目、小さい秋、見付けました 2016.08.31

先日、私は二十四節気には期間があると申し上げましたが、今は正に処暑の期間、季節の変わり目ですね。今日は二百十日の厄日でもありますし、暦通りに、東北・北海道で台風が吹き荒れました。被害に遭われた方々はお気の毒でした。お悔やみ申し上げます。

関東は台風から逸れ、今日は台風一過、清々しい空気が舞い降りました。青空の下で久し振りに、気持ち良く仕事に励めました。宵の現在の室内気温は28.6℃、湿度は59%、本当に過ごし易い夜が更けて行きます。好い気持ち…

コナラのドングリ
台風接近の強風の所為で、小枝ごと落ちたコナラのドングリ、朝一番の新聞買い出しの折に見付けました。未だ未熟ながら、丸く青い実が付いていました。確実に季節は進んでいます。今日、私は小さい秋を見付けました。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 21:50| 季節の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする