2019年06月27日

前奏曲 本格梅雨入り? 2019.06.27

今の横浜は、時折陽が射しており、これから台風も出来そうで、低気圧と梅雨前線に挟まれ大雨が降るとされていますが、これは嵐の前の静けさでしょうか? 但し風は強く、それが嵐の前兆なのでしょうか?

週間天気を観ましたが、向う1週間は☼マークは一個も無し、全て☁と☂印で埋め尽くされています。本格的梅雨の始まりですかね。まあ、瑞穂の国ですから雨が必要です。秋の豊作を願って雨は我慢しましょう。局地的大雨だけは避けたいですけれどね。
posted by 三上和伸 at 08:01| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

前奏曲 元モー娘。市井紗耶香が参院選出馬(比例代表候補) 2029.06.25

今朝のネットニュースに飛び込んで来た話題で、何とあのモー娘の市井紗耶香が立憲民主党から参院選に出馬だとか…。4児の母だそうで、その母親の代表として、政治の世界で言葉を発していきたいと語っていました。

2年間のモー娘での活躍だったそうで、私はモー娘の中で一番気に入っていたのですが、直ぐ消えてしまい残念でした。政治の世界でまたモー娘の市井を見られる、好いですね。応援したいです。決して三原じゅん子のような国会発言はして欲しくないですがね。誰かに言わされているのでしょうが、その発言内容を本当に理解しているのでしょうか? 短刀(どす)の効いた国会発言、今になってのお白州での過剰演技、哀れに映りました。
posted by 三上和伸 at 08:49| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

前奏曲 雨、徒歩の仕事、クーッ 2019.06.24

朝から本格的な雨、クーッ、イヤですね。嫌な予感は当たりました。明日明後日は太陽が見えそうですが、その後も雨模様、とうとう本格的な雨の季節に入っていきそうです。雨で辛いのは徒歩の仕事です。重いカバンに鬱陶しい傘、両手が塞がり、しっかり歩くことが出来ません。ズボンの裾は濡れますしね。好いことがありません。一年に何度かあるピアノ調律師の辛い仕事、何とか頑張ります。
posted by 三上和伸 at 07:45| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

前奏曲 逃走犯、横須賀で逮捕 2019.06.23

神奈川県を騒がせていた逃走犯が横須賀で逮捕されたそうです。愛川➡厚木➡大和➡横須賀、国道16号の大捕物だったようですね。どうせ捕まるのですから、最初から刑務所に入っていれば良かったのにね。これで罪は更に重くなるでしょう。改心する見込みは無さそうな罪人ですね。再びか三度か四度か知りませんが、出て来ても、どうせ碌な人生は歩まないのでしょうね。始末に負えませんね。人生の価値観が歪んでしまっています。
posted by 三上和伸 at 09:12| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

前奏曲 今年の父の日のプレゼント有難う 2019.06.16

ナッチャンの父の日のプレゼント
ナッチャンのお好み味煎とステラおばさんのクッキー
名古屋の松田屋が売っている海老煎とステラおばさんのクッキー

杉谷本舗のカステラ プレミアム・ショコラ
Kさんの長崎杉谷本舗のカステラ・プレミアム・ショコラ
江戸期創業の長崎の老舗・杉谷本舗のカステラ

昨日は幾つかの役目があって、NちゃんYちゃんRくん家に行ったのですよ。Nちゃん小学校の授業参観があって、何時ものYちゃん・Rくんの子守とこの父の日のプレゼントを頂きに行ったのでした。お守りの殆どは妻の役目でしたが、その妻を迎えに行った役が私でした。

大したストレスの無い生活を送っていますが、やはり疲れた時には甘いオヤツですね。我が二人の娘はそこのところを良く知っています。笑顔と甘味、有り難く頂きました。
posted by 三上和伸 at 08:37| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

前奏曲 清々しい朝、ホトトギスが鳴いています 2019.06.18

横浜西部は、雲は多めですが陽が射しており、気持ちの良い五月晴れの朝です。登校の子供の黄色い声に交じってホトトギスが鳴いています。どうやら我が町に居付いたようで、真夏が来るまで楽しめそうです。早春からはシジュウカラとウグイスが鳴き、今はホトトギスにメジロも加わって、蜩(ヒグラシ)の森周辺は野鳥の声に溢れています。8時の時報が鳴りました。おはようございます。さあ、一日が始まります。
posted by 三上和伸 at 08:01| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

前奏曲 荒天が好転し好天が戻る 2019.06.16

五月晴れ2019.06.16
我がベランダから写した蜩(ヒグラシ)の森の一齣、檜(ヒノキ)の青い実の上に覆い被さっているのが熊野水木(クマノミズキ)の花です。そして輪郭を覆う五月晴れの青空。真に美しい青い空が現れました。日が変わり、大雷雨が始まった今日未明、久し振りでゴロゴロの雷鳴で無く、バリバリの雷鳴を寝床の中で聴きました。「ドキッ」と心臓は縮みますが直ぐに慣れ、その内白河夜船の船の漕ぎ出しとなりました。楽しい?寝しなの出来事でした。

梅雨の青空が戻りました。五月晴れ、梅雨を吹き飛ばす日本晴れですね。
posted by 三上和伸 at 09:08| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

前奏曲 梅雨本格化 2019.06.15

雨は未明から本格的に降り出しました。予報では今日が一番の大雨となりそうで、明日以降は週中まで晴れが続くそうです。明後日(17日)が衝の木星と皐月の満月の接近がある日です。地球を挟んで、太陽が向う河岸、木星と月がコッチ河岸。粗一直線上に並ぶのです。それでも月の木星食は無い模様です。天気は今一つですが、運があれば観られるかも知れませんね。

今日の私は無予定の身、仕事も遊びも何にもありません。老健の母を見舞って来ましょう。そして溜まったブログ書き…。
posted by 三上和伸 at 09:16| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

前奏曲 末節(晩年・老後)を汚した元院長(旧通産省工業技術院元院長) 2019.06.14

元院長、ここに来て漸く自分がアクセルとブレーキを誤って操作したかも知れないと自供し始めているそうです。逮捕もされずに病院に送られ治療が済んで、昨日、ヨボヨボの足取りで実況見分をさせられていました。自分がどれほど重大な過ちを犯したのか、その見分の風情では感じられませんでした。確かに優秀な方なのかも知れませんが、車性能への責任転嫁が甚だしい、ホントに厚顔無恥な輩に観えてしょうがありませんでした。

末節を汚した元院長、重い責任と莫大な償いが必要です。

亡くなられたお母さん、お嬢ちゃん、心からご冥福を祈ります。
posted by 三上和伸 at 09:33| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

前奏曲 五月晴れ、ホトトギス定着、私の夕寝 2019.06.13

梅雨入り後、漸く晴れましたね。これを五月晴れと申しますね。こうなると窓を開け放し、外気を入れる欲求が出て来ます。するとそこにホトトギスの声、どうやら私の町に定着するようです。まあ定着と言っても一時の事ですがね。盛夏までですかね。ホトトギスはウグイスの巣に卵を預けて育てさせる托卵と言う習性を持つので、繁殖期の今はウグイスのいる平地に下りて来ているのです。向こう2カ月は我が町で鳴いてくれるでしょう。

もう直ぐ夏至です。この時期、ヨーロッパ程では無いにしても、中々日が暮れず、直ぐ夜が明けるので、夜が短く、眠りの時間が少なくなりますね。やはり私などは寝不足となります。我妻のように、充分寝られるも人もいるようですがね。従って私は夕寝やうたた寝をします。30分以内位ですがね。これで巧い事調整がつきます。
posted by 三上和伸 at 07:03| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

前奏曲 何時か観よ!蛍… 2019.06.12

先日Yちゃん運動会に行った折、お家には回覧板が来ていました。それは蛍の群生地を示したもので、それを知ったNちゃんYちゃんは、どうしても蛍が観たいと駄々を捏ね始めました。昔、赤ちゃんNちゃんと読売ランドの蛍を観た話を、私と妻とKさんが、楽し気に語ったのがイケなかったのでした。「もう夜だし、暗いから危ないよ。君たちがもう少し大きくなったら連れてってあげるからね…」と言っても二人は聞きません。最後は半ベソになり執拗に抗議してきました。

仕方なく、未だ明るかったのですが、車でこの地図で示されて地域を目指しました。しかしその地図では、どうもそこは畑でした。こんな所に蛍は出るのでしょうか? そこで私が二人に「ほらっ、まだ出ていないよ、来年ジイジがもっと安全で、よく見える所に連れてってあげるから…」と諭し、二人を諦めさせました。現地を観た事で、二人も納得したようでした。「ブスッ」とした二人、落胆の色が隠せません。でももうネンネの時間でした。皆をお家に送って、私たちはNちゃんYちゃんRくん家を後にしました。

判らない土地、どうしてもっと懇切丁寧に示せないものでしょうか?ホタル係さん! 初めての人はチンプンカンプンなのですよ。地図だけでなく、辺りの様子もしっかり書くことが必要です。

蛍、結構まだ残っているようです。先日はナッチャン恵ちゃんが、近所の谷川で観てきたようです。横浜にも伊勢原にも蛍はいます。


posted by 三上和伸 at 08:51| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

前奏曲 食べ残し?のブロッコリー、花が咲いた 2019.06.11

ブロッコリーの花
妻がベランダ家庭菜園で収穫したブロッコリーが花を咲かせました。立派な野菜となったのは最初の一個、その後も花芽は出来ましたが、ホンのサラダのツマ程度、妻はもう収穫を諦めたのでした。その結果がこの花、有り難いもので、お腹に頂いたその上に目も楽しませてくれました。✊グー
posted by 三上和伸 at 08:41| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

前奏曲 梅雨入り不揃い 2019.06.09

梅雨に入ったばかりですから何とも言えませんが、地域に依ってバラツキがありますね。全国の週間天気を観てみると、☀と☂の区域がハッキリと分かれています。梅雨の無い北海道は☀一色、中国・四国、オマケに九州までも☀一色。反対に沖縄奄美、近畿・東海・北陸・関東・東北南部は、木曜日まで☂・☁一色。随分と分け隔てのある天気ですね。

横浜は未明まで降ったようで、道が濡れています。空は分厚い雲の梅雨空、朝から重い気分で出掛けなければなりませんね。折り畳み傘が手放せないです。そっとバッグにしまって出掛けましょう。暫くの辛抱、週末は梅雨の晴れ間が出そうです。

明日(10日)が上弦、明後日(11日)が木星の衝、そして入梅です。17日が満月で、しかも衝直後の木星と2°00′で接近、見物ですね。晴れを祈ります。
posted by 三上和伸 at 08:31| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

前奏曲 朱鷺(トキ)放鳥 2019.06.07

環境省は、佐渡トキ保護センターの野生復帰ステーションからトキ20羽を放鳥したそうです。国の特別天然記念物のトキ、雌雄の内訳は雄14羽、雌6羽で、全20羽がゲージから放たれて野生復帰に飛び立ったそうです。チョイと計算できませんが、推定個体数は352羽となっているそうです。

嬉しいですね、年々のトキ増加、千羽・万羽に向けて、頑張れ!

参考:時事通信社 放鳥トキ情報
posted by 三上和伸 at 06:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

前奏曲 深夜(未明)ホトトギス啼く(鳴く) 2019.06.07

昨晩と言うよりは今朝未明、そうですね、午前一時を廻っていたでしょうか? ホトトギスの声が聞こえました。寝入り端の未だ寝られない無聊の私の寝床の闇の上を、旋回しながら何度も何度も「トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、…、…、…」。

脳と心臓だけが切なく動き回り、熱い感情に支配され、小一時間眠れませんでした。午前二時私は就寝しました。そして今起きました。既に覚醒しています。私の耳の奥には昨晩未明のホトトギスの声が木霊しています。「嬉しい…」、今、昨日までと違う私が居ます。
posted by 三上和伸 at 07:40| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

前奏曲 結婚を前提として… 2019.06.06

山ちゃん・蒼井優の結婚記者会見で、優さんが「結婚を前提として…」と答えられていました。蒼井優さんはチョイと古風な感じがありますね。紹介を受けて山ちゃんが気に入り、お付き合いを始めるに当たって、二人は「結婚を前提に…」が暗黙の了解だったようです。

古き昭和の私等の世代では、それが当たり前でした。告白をし、お付き合いをするには「遊びではありません。真剣に、結婚を考えながらお付き合いをしましよう。」が約束事でした。愛が深まれば、自然の流れとして、結婚が待ち受けていました。ある意味、自己犠牲を払ってでも相手を受け止めて迎える、賭けもあった事でしょう。それでも相手を思いお互いに愛を寄せれば、不思議と結婚生活は上手く行き、軌道に乗ります。愛し、信じ、希望を持つこと、きっと二人は添い遂げるでしょう。皺と白髪で老いさらばうまで…。
posted by 三上和伸 at 20:07| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

前奏曲 驚愕‼失望‼蒼井優結婚 2019.06.05

衝撃のニュースが走りましたね。全能の天才女優・蒼井優が結婚。結婚なんかしないんじゃないか、何時までも少女の儘で生きるのではないか、そんな風に想われていた可愛い可愛い蒼井優が結婚‼。しかも相手が南海キャンディーズですと❓…。時折お煎餅のコマーシャルで観る蒼井優、笑顔と愛らしいセリフの言い回し、ホントに手の中の珠のような愛らしい女優が結婚だなんて、世の中可笑しい…
posted by 三上和伸 at 07:57| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

前奏曲 パセリの花 2019.06.02

パセリの花
散々食べ散らかし楽しんだパセリ、刺身やサラダのツマにして利用してきました。私はこう言ったハーブが大好きで、ルッコラ以外は何でも食べます。昔から刺身のツマのパセリでも残さずに食べて来ました。刺身を食べ終え、ツマの大根千切りも食べ尽くし、残ったパセリも美味しく味わって食べたものでした。

そのパセリにとうとう花が付きました。セリ科特有のレース状の花、涼やかで好いですね。
posted by 三上和伸 at 10:09| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

前奏曲 シャンシャン中国帰国、来年12月に… 2019.06.01

一昨日配信された時事通信社の記事によると、小池都知事がシャンシャンの中国返還時期が来年の12月に延びた事を報告したそうです。嬉しいことですね。これで当分の間、安心していられますね。オリンピックは行かずともシャンシャン詣では出来ます。シャンシャンの誕生日は、2017年の6月12日、もう直ぐ2歳の誕生日なのですね。6月12日は水曜日で、平日ですね。行ってみますかね? でも外国人観光客が大勢ですかね。何処へ行っても平日は、外国人観光客に占拠されていますからね。
posted by 三上和伸 at 07:16| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

前奏曲 ブダペスト・ドナウ川沈没 2019.05.31

たった1回のヨーロッパ旅行で立ち寄ったブダペスト、しかもドナウ川ナイトクルージングにも参加しましたのですよ。正に沈没した船と同じような観光船に乗ってドナウの流れに身を任せました。その日も今回の事故の日と同様の大雨、最後の10分に雨が上がり、国会議事堂や鎖橋、王宮の丘・ブダ城を観る事が出来ました。ホント、記憶は鮮明に残っており、船上レストランで食べた魚料理も、余り美味しくなかったことを良く記憶しています。

あの日も船が行き交っていましたからね。唯、そんな恐怖は微塵も感じなかったので、こんな事態を招く事は想像すら出来なかったですね。ご冥福を祈ります。
posted by 三上和伸 at 10:11| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

前奏曲 来た「トッキョキョカキョク…」時鳥鳴いた! 2019.05.30 04:45

周りの緑が色濃くなった今日、生の鰹を何回も食べた初夏の終わり、とうとうホトトギスの声を聴きました。待ちに待った声、今年の私と時鳥の間は家康の「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、時鳥」になりました。待って待って待った挙句の「トッキョキョカキョク」、大切な声が帰って来ました。
posted by 三上和伸 at 05:17| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

前奏曲 天気回復、入梅前の好天が続きます? 2019.05.29

大陸育ちの高温域の為、北海道に異常高温を記録させた気象異変も漸く収まったようで、これからは普段通りの天候となります。梅雨前線はまだ少し南方、入梅前は初夏と仲夏の境目の好天が続くでしょう。この時期は気持ちの良い行楽が出来ます。

6月始め、私は再び箱根に行ってみるつもりです。野生薔薇の宝石・サンショウバラ(山椒薔薇、葉が山椒の葉に似る、)が箱根の山に咲くのです。巨大輪一重咲きのピンクの薔薇で、滴る美は圧巻です。豆桜と同様に富士箱根の山中に咲く貴品種で、絶滅危惧U類でレッドリスト入りしています。湿生花園でも咲いています。皆様も是非どうぞ…


posted by 三上和伸 at 09:09| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

前奏曲 温暖化を無視するトランプさん、安倍さん異常歓待? 2019.05.28

ある大学教授が気象データ(温暖化)と人間が発する環境大気汚染濃度(黄砂.pm2.5)を鑑みて、5月下旬の運動会(体育祭)は適切な時期では無いと啓発しています。教授に依れば大気汚染が少ないのが冬、気温が適切なのが初夏(5月上旬)と仲秋(10月中旬)だそうです。気温適切な5月は大気汚染が多い理由で、教授は不適切と切り捨てており、残るは10月中旬しかないそうです。

気象データ(気温上昇、海面上昇、海流変化、異常気象)を顧みず、自国の化石産業を独善的に発展させようとするトランプさん、正に時期を失して選ばれて来た大統領です。この人に異常歓待のその場凌ぎの安倍さん、無能者が地球環境を壊そうとしています。天皇までも巻き込んで、世界が嗤っています。
posted by 三上和伸 at 07:57| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

前奏曲 今日も暑そうですね… 2019.05.22

粗快晴の空、我が部屋の温度は24.5℃、今日も暑くなりそうですが、湿度は68%ですので、木陰(家)に入れば涼しい風が渡ります。ここが盛夏との違いです。テレビが五月蠅く熱中症を連呼していますが、今の時期の暑さの理屈を良く理解していれば、特に暑さに脅威を感ずることはありません。土用からお盆に掛けての猛暑・猛湿度に比べれば、大したことではありません。今の日本はハワイ(サバンナ気候)の夏、お盆の日本は熱帯雨林の夏、天と地との差がありますね。
posted by 三上和伸 at 08:29| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

前奏曲 快晴の空に旧暦卯月の二十一の月 2019.05.25 

旧暦卯月の二十一の月 2019.05.25 
今朝は快晴、その日本晴れの空に、卯月の二十一日の月が出ていました。真っ青の空に淡麗の月、朝から好いものを見せて貰いました。それは空気が澄んでいる証拠、今日は日焼けに注意が必要ですね。行楽で一日炎天下に居たら大変な事になりますよ。女性は日焼け止めクリームを塗りたくって出かけましょう、日傘も持ってね。

今日はNちゃん小学校の春の運動会で、これからジジ・ババはNちゃん小学校へ出掛けるのです。Yちゃん・Rくんの世話係りですがね。暑さ対策を含め、二人の面倒を見るつもりです。Nちゃん駆けっことNちゃんダンスが楽しみです。Nちゃんのダンス、恵ちゃんが申すには、プロ顔負けだそうです。
posted by 三上和伸 at 06:34| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

前奏曲 子供の視力、異次元のもの 2019.05.

昨日はRくんを連れて、Nちゃんの下校のお迎えをした。三々五々、帰って来る学童を目にしながら、こちらも小学校を目指していると、急にRくんの様子が熱を帯び始めました。どうやらお友達とNちゃんが、100m以上離れた場所に帰って来ているのを発見したようなのです。私と妻は驚きました。お互いに「あれが観えるんだね、凄いね!」、私達も必死にそこを凝視して観ると、彼方の二人の子供も、私達に気付いているようで、手を振り出しました。私達は呆気にとられました。嘗ては私達も観えていたのでしょうが、子供の視力凄いですね。私もあの日に帰りたい!

世界の望遠鏡を重ね合わせると月にあるゴルフボールが観えるそうです。チョイと前にドコモの三太郎とかぐや姫のカグちゃんが月に居る姉のおと姫・オトちゃんと会話?をしているCMがありましたが、次元は違えども、今回、そんな視力の差異を感じずにはいられませんでした。Nちゃんがオトちゃん、Rくんがかぐや姫?、私は竹取の翁、妻はその婆さん、AI化が進めば、そんな光景が現実のものとなります。そんなメガネが出来るかも知れません?
posted by 三上和伸 at 07:19| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

前奏曲 美しき高層雲⛅、今日は☀ 2019.05.22

高層の雲
清々しい高層雲が出て、仄かな青空が戻りました。昨日のしぶとい雨から脱却しました。関東でも100mmを越えるような☂、仕事を休み、老健の母を訪ね、相模大野・グリーンホールでのさだまさしのコンサートに行って来ました。雨の飽和状態での湿度の中で、音楽を聴いて来ました。さだも開口一番「こんな☂の中、来場してくださり、ありがとうございました」と言わざるを得ない、大雨の一日でした。さだの新アレンジのピットパレード、中々のものでしたよ。

衛星写真を見ると低気圧を伴った寒冷前線は日本の東の太平洋上に移動し、今僅かに掛かっているのが北方四島付近ですね。オホーツク海は大荒れです。反対に日本列島から西は中国大陸のチベットまで雲がないです。これで当分は日本に雲の沸き立つことはないですね。向こう1週間☀が続きます。梅雨入り前の日本晴れの日が続きます。
posted by 三上和伸 at 08:20| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

前奏曲 暴風雨、仕事止め、観天望気? 2019.05.21

2019.05.21暴風雨、窓の雨粒
暴風雨、流石に野鳥の囀りは聴こえず、風雨の音ばかり。今日は仕事を相談の結果休み、今家に居て、空と雨と風を眺めています。列島縦断の寒冷前線、強い南風で、窓のサッシに雨粒がビッシリ、久し振りですねこんな暴風雨、皆様、お気お付けくだされ!
posted by 三上和伸 at 10:39| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

前奏曲 好い朝、窓の外は夏鳥の競演 2019.05.19

卯月の満月の日の朝、我が家・ベランダの窓の外は、野鳥の競演となっています。今年の鶯は名歌手、澄んだ美しい声と見事な抑揚に依って、絶唱を聴かせてくれています。住んで40年来の最高の鶯と言って過言ではないでしょう。私、幸福を噛み締めています。

そこに帰化鳥(特定外来生物)のガビチョウ(画眉鳥)が、やはり澄んだ声で応戦しています。四十雀も負けてはならぬと「ツッピ・ツッピ・ツッピ」と茶々を入れています。更に大好きなコゲラ(小啄木鳥)が「ギーギー」と鳴きながら、幹を這いずり回っています。歌うより飯が大事と言っているように聞こえました。お茶目で可愛いんですよ💛 何時か?ドラミングを聴かせてくれるでしょう!
posted by 三上和伸 at 09:05| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

前奏曲 沖縄奄美以外は全国的に☀ 2019.05.16

今、ベランダの窓を開け、外を観ながらブログを書いています。晴れて風の無い穏やかな朝、桜の木は僅かに揺れています。今日は好天の日、沖縄奄美以外は晴れの好日ですね。奄美は梅雨入りしたと聞きましたが沖縄は未だですかね。そんな事何も考えていない風に、今朝も鶯がご機嫌に鳴いています。「ホホホホホ・ケキョ!」「ホーーーホケキョ」、「キョロロロロロ・・・、ケキョ、ケキョ、ケキョ・・・、・・・、」。爽快無比の鶯! 最高です。

好天の一日、今日も好い日でありますように…。皆さま、おはようございます、行ってらっしゃい!

posted by 三上和伸 at 06:55| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

前奏曲 薄明、囀り、起床、早まる 2019.05.15

午前4時を過ぎると薄明時となり、寝室も仄かに白が増して来ます。本来は未だ起床時間ではないのですが、尿意を感じては起きざるを得ませんでした。温みのある布団の中で、穏やかに野鳥の声を耳にすれば、眠たいのに起き出したい気持ちになり、とうとうトイレを済ませて起きて仕舞いました。ベランダの窓を開け放ち外気を入れ、外の音に耳を傾けました。鶯、今年は当たり年、今朝も美声を披露していました。鮮明な谷渡りのメロディーを吟じながら…。歯を磨き、顔を洗い、鬚を剃り、今こうしてブログを書いています。鶯がくれた小さな幸せを胸に…
posted by 三上和伸 at 06:12| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

前奏曲 ☂、春雷ですね。クリムト展、どうしようかしら… 2019.05.14

昨日の宵の口に観た月は、上弦一日過ぎの月でした。今回(一昨日)の上弦の月は見逃したので、昨晩観られて良かったです。好い半月でした。

今朝は☂、雷鳴も轟いています。春雷ですかね。西から前線が延びて来ていますからね。丁度今我が地の小学校の登校時、黄色い声が上がっていました。子供たち一寸怖いですかね。我が孫・Nちゃんも、今登校しているようですね。春雷大丈夫かしら? Nちゃん負けるな!

雨の今日、時間が空いたので、これから上野の東京都美術館で開かれているクリムト展に行こうと思っているのですが、一日中、☂なのかしらね。風もありますし、濡れるパターンですかね、この空模様? まあ、でも、行って来ましょう。館内は空いているかも知れませんしね。今日は行き時かもね?

posted by 三上和伸 at 08:11| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

前奏曲 昨日はナイチンゲールデー 2019.05.12

昨日は記念日の多い日でした。上弦でしたし、旧灌仏会(釈迦の誕生日)、そして母の日にナイチンゲールデー、沢山ありました。

無学の私にはナイチンゲールは単なる看護婦(師)と思い込み信じて疑いませんでしたが、看護師として活躍したのはクリミア戦争の時に限られており、その人生の大半は、統計学に基づいた病院衛生の改善や看護学校の設立、病院の設立などの社会企業家としても活躍していた極めて政治的な人物であったようです。

正に社会に偉大な功績を遺した看護婦(師)だったようでした。私、目から鱗が剥がれ落ちました。

・フローレンス・ナイチンゲール(1820年〜1910年、イギリス人)
イギリスの裕福な上流階級の出、父母の2年間の新婚旅行中、フィレンツェで生まれる。従って名はフィレンツェのイギリス名・フローレンス・ナイチンゲールとなった。膨大な教育を授かり、看護婦になってからでも学問を忘れず、統計学を基とした、看護教育や病院設立に貢献した。赤十字勲章、メリット勲章などを授与された。
posted by 三上和伸 at 06:03| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

前奏曲 NちゃんYちゃん、元気で通園通学 2019.05.10

昨日、連休明けの通園通学「どうだった?」とメールでKさんに尋ねたところ、Kママ許可の下、Nちゃんのメールが帰って来ました。Nちゃん学校はもう一年生でも5時間の時間割が始まったそうです。「帰って来るのが大変!」と遠い学校からの帰路が疲れる事をこぼしていましたが、元気で学校生活を楽しんでいるようです。こんなメールでした。

私「大丈夫?」、Nちゃん「うん」「✉👆」「いヒヒ🐼」「🐝🌷☆彡」「☆☆☆☆☆」、私「?????」、Nちゃん「おほしさま」ですって。ここで初めてNちゃんがメールを打っていることに確信が持てました。

Yちゃんもニコニコ元気で幼稚園に行っているそうです。

良かった良かった❕


posted by 三上和伸 at 09:50| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

前奏曲 大型連休禍、幼児に表れる 2019.05.08

昨日のニュースの一幕、連休明けの幼稚園の朝は鳴き声が止みませんでした。たったひと月で仕切り直しをさせられた子供たち、せっかく慣れた幼稚園でしたのに、もう一回やり直しでしたね。10日間、おかあさんと一緒に楽しく安心に過ごしていたのに離れ離れに、五月病を防ぐ意味でも、連休はなるべく飛び石にした方が良さそうですね。どうしても長期の旅行がしたいならば、有給休暇と病欠を取れば解決できますね。お上からの強制的祝日法、如何なものか?

聞いていませんが、NちゃんYちゃんは如何でしたかね。後でメールで聞いてみますね。
posted by 三上和伸 at 08:40| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

前奏曲 連休明け、今日から仕事・学校・頑張って! 2019.05.07

遂に、春から夏へのバトンタッチの大型連休明けました。遊び疲れもあるでしょうし、心理的な圧迫感で、モチベーションの上がらない方もいらっしゃるでしょう。兎に角、そのネガティブな心理はリセットし、生まれ変わったつもりで、今日から頑張りましょう。

今、我が部屋のベランダから小学生の登校の列が見えています。どうやら泣いている子がいるようで、鳴き声が聞こえてきました。「泣くのはおよし、新しい一日が始まるんだよ。さあ、笑って前へ進もう!」。そう声を掛けたいと念じました。
posted by 三上和伸 at 07:51| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

前奏曲 連休最後の日 2019.05.06

性格やその人の心掛けによるのでしょうか? 仕事と休日を上手く使え切れない人が多いのではないでしょうか。この大型連休、皆様は上手に遊べましたか? 心残りのある方はこれからの仕事が心配ですね。人生を上手に生きるコツ、遊びと仕事、メリハリをつけること。何時までもそこに留まっていないで、意識の切り替えをしましょう。明日を生きましょう。

連休最後の日、後悔はありませんか? さあ明日から仕事に頑張りましょう!
posted by 三上和伸 at 09:12| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

前奏曲 雷鳴轟く午後 2019.05.04

母と無限折り紙
みどりの日の今日は午前中に仕事を済ませ、午後はナッチャンを伴って老健の母の許に…。着いた時、母は車いすに乗って昼寝中でした。起こして談話室に入り、4人で談話、何時もの取留めのない話、ウンザリしているとナッチャンがバッグから玩具を出しました。どんなテキストを使ったかは不明ですが、ご覧のような無限に開く折り紙でした。母は暫し、無限折り紙を開き繰り返していました。母は感心頻りでした。多数の折り紙を折り重ねて作る無限折り紙、「どのくらい時間が掛かるの?」「30分くらい」、何事にも研究熱心なナッチャンでした。

雨が降り出したので、母の許を去り、雷鳴の轟く中、帰宅しました。ナッチャン恵ちゃんも黄金週間はお休みだそうです。午後はナッチャン帰宅後一緒に散歩しようと考えていたようですが、この雷雨ではね…。こんな日は家の中でじっくりと寛いで、雷鳴の轟きを鑑賞(楽しみ)しましょう。
posted by 三上和伸 at 16:22| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

前奏曲 令和元年5月1日、雨上がりましたかね 2019.05.01

令和へのカウントダウン、雨の深夜が大分盛り上がっていたようです。今は少し陽も射して来ました。天気回復模様であり、後半の令和元年の黄金週間は、太陽の下で行楽が楽しめそうです。新元号・令和、何か名が変っただけでも景色が変わった気がするのが人間の常ですね。でもリセットではありません。昭和・平成の悪しき事は改めなければなりません。例えば沖縄基地や原発、詐欺などは、その最たるものでしょう。
posted by 三上和伸 at 08:10| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

前奏曲 せっかくの孫来訪、☂憎し 2019.04.30

今朝はYちゃんに起こされました。開いていたドアーから私の寝姿が見えたのでしょう。「ジイジ、まだ寝てる」と愛らしい声が…。どうも皆でトイレを使っていたようで、トイレ回りがガヤガヤしていたのでした。「さあ、起きよう!」と起き出すとYちゃんが「おはよう」、「おはよう」と私、そしてそそくさとトイレへ、「ママが入っているよ!」、「ウッ、大変漏れちゃう…」となりましたが、「セーフ!」何とかなりました。

折角NちゃんYちゃんRくんが来ているのにこの雨、しかも本降りですね。昨日の公園梯子の続きをやろうと思っていたのですが、ままなりません。トランプとカルタをしましょうかね。そして老健のヒイバアバに会いに行ってくれるとNちゃんYちゃんが言ってくれているので、お昼前までに行くつもりです。ヒイバアバの喜ぶ顔が目に浮かびます。
posted by 三上和伸 at 07:50| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

前奏曲 横須賀しょうぶ園の藤の古木 2019.04.29

DSCF1215[1].JPG DSCF1217[1].JPG

DSCF1211[1].JPG DSCF1210[1].JPG
1988年開園の横須賀しょうぶ園ですが、この節くれ立った幹をご覧頂ければ、この藤の木には相当な歴史があるように思われます。樹齢何十年、否何百年でしょうか?。果して、ここに植わっていたのでしょうか?。開園造成工事の際、植栽されたのでしょうか?。甚だ疑問です。数本でしたが、それは見事な老木あり、目を引きました。
posted by 三上和伸 at 07:20| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

前奏曲 大型連休始まりました 2019.04.27

休日と休日が挟まれると休日になるなんて可笑しなことになっていますが、10連休なんだそうです。喜ぶ人もいると思いますが、困惑している人も多いでしょう。私なども困惑している部類で、昔の虫食いの連休の方が好都合でしたね。仕事も出来ましたし、30・1・2日は平日でしたので、道も空いていました。お出かけも容易でした。大混乱の3・4・5日は本当の休日に回せましたしね。昔を懐かしむ私です。因みに今日の私は仕事です。

今年は連休の間にNちゃんYちゃんRくんがお泊りに来ます。私等のルビー婚式のお祝いもあります。心弾む大型10連休です。でも子供たち、学校に幼稚園、10日休んだ後の仕切り直し、苦労をかけます。途中、登校・登園日を設けても好いのではないですかね?


posted by 三上和伸 at 08:13| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

前奏曲 連休始まります 2019.04.26

春と夏を繋ぐ初夏の頃、日本の黄金週間が始まります。気候的に観ても一番優れた季節ですね。ここで遊ばなくてどうする? とは言っても人にはそれぞれ事情があるもの、老老介護?の身としては、遠出は叶いませんね。数日は仕事も入っていますからね。連休中の天気は大方好いようです。特に後半はバッチリのようです。何処かに行きたいですが、混雑するでしょうね。花巡り、考えてみましょう。

桜と言えば弘前城の染井吉野、今、満開を迎えたそうです。連休後半では北海道が良さそうですね。函館五稜郭の染井吉野は満開が30日?、連休後半は最高の花見になりそうです。北海道以外では、標高を上げるしかないですね。それは山の中になりますね。そうなると染井吉野は✖で、野生の桜となります。身近では箱根・富士の豆桜(富士桜)がお勧めで、芦ノ湖スカイラインが好いですね。東は芦ノ湖、西は富士山の絶景スカイラインです。展望ドライブに打って付けの最高のワインディングロードです。周囲の山は豆桜の白い綿帽子がモザイク模様に連なり、仄かなグラデーションを魅せています。

藤やツツジに牡丹では、横須賀しょうぶ園でしょう。
posted by 三上和伸 at 20:45| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

前奏曲 新緑の季節、鶯が目覚し 2019.04.25

葉桜 コナラ(小楢)の新緑
  染井吉野・葉桜        コナラ(小楢)の新緑
雨は上がったようです。今朝6時半、鶯に起こされました。「ホー・ホケキョ・ケキョケキョケキョ…」。一頻り、私の目覚しのために鳴いてくれました。寝床で、うつらうつら、しながら聴く鶯、好いものですね。春の喜びに奮えます。

ベランダに出れば、青葉が待っていてくれます。雨に濡れた新緑、美しいですね。春の終りが近づいています。目に青葉…、青葉は夏の季語です。今が春と夏の端境期ですね。
posted by 三上和伸 at 07:07| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

前奏曲 国営ひたち海浜公園ネモフィラ良さそう 2019.04.24

ネモフィラ
ネモフィラ・インシグニスブルー
私も今日のブームになる前、一時盛んに育てたものです。秋に大き目のポットでタネを播き、春になったら根を崩さないようにポットから抜いて地に植えます。寒さには強いので霜も雪もヘッチャラです。但し風に煽られるので株間の間隔は余り開けない方が好いですね。南向きの日溜まりが適地です。

春の青い花は瑠璃草や忘れな草が一般的ですが、今は何と言ってもネモフィラですね。国営ひたち海浜公園のネモフィラ、一度は観るべきでしょう。ネモフィラは瑠璃唐草とも言います。
posted by 三上和伸 at 08:56| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

前奏曲 穏やかな晩春の頃 2019.04.23

コデマリ  サクラソウ接写 ヒメウツギ
   コデマリ      日本サクラソウ     ヒメウツギ 
最低気温が16.6℃、風速1.7m/s、穏やかな晩春の朝です。薄く柔らかい日差しが照らし、次々と異なった花が咲き乱れています。本当に好い季節ですね。

昨日、私等の結婚40周年が、来る5月3日に訪れると申しましたが、それに先立って、先ほど、ナッチャン・Kさんに会食のお誘いのメールを打ちました。そこで空かさず、両家とも大賛成で出席してくれるとのメールが届きました。一つの大きな楽しみが、我等の元にやってきました。会場を何処にするかが問題ですね。今、嬉しい悲鳴を上げています。
posted by 三上和伸 at 10:05| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

前奏曲 気温上昇、連休間近、介護母、どこにも行けません 2019.04.22

昨日が13.0℃、今朝が16.0℃、横浜の最低気温ですが、平年を大きく超えて高いですね。暖かいです。私も数日前から下着を更新しまして、上半身は半袖にし、下半身は股引きを止めました。深夜になれば、ジッとしていると寒いですが、日中の活動時には暑く、汗を掻いてしまいますね。汗の季節が近づいています。でもまだこの季節では汗を掻いても爽快感がありますね。

連休が間近に迫って来ました。今年の私達は宿泊の旅行はできません。何しろ、寂しがり屋の母が施設に入っていますからね。兎に角、嫁さん(我妻)に会いたがるので、仕方ないですね。近場(鎌倉など)は混みますしね。連休は全くの白紙、でもまあ、直ぐに触手を伸ばすのが私の習い、何処か好い所ないかしら…
posted by 三上和伸 at 08:27| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

前奏曲 池袋事故、身につまされますね 2019.04.21

若いお母さんと3歳の女児が亡くなった池袋の交通事故、高齢者運転の犠牲になったと報道されていますが、私も高齢者に近づきつつあります身、身につまされますね。

私の仕事は重い鞄を携えてのもの、電車・バス・徒歩の仕事は年々きつくなっています。先ずは車が不可欠の状態です。この先私は80歳まで仕事をするつもりでいます。あと10年は調律に来て欲しいと仰られるお客様が多数おられるのです。

80歳、重い鞄(約7Kg)を抱えての徒歩の仕事回りは今(68歳)でも辛いのに、80歳の私には不可能と言って良いでしょうね。勢い80歳まで車を乗るつもりでいます。

今回の事故、私もその加害者にならない保証はありません。安全運転を心がけても、状況は千変万化、不幸にしてその運命に翻弄される機会が訪れたとしても不思議ではありません。常に自分が車を運転するのに適正?か否か?、判断を下さなければなりません。車に乗り込む時、自分の判断力は正常であるか否か?体調はどうか?、これからは毎日の乗車前に、適性判断をしなければなりません。しっかりとした意識を持って、アクセルを踏出さなければイケませんね。
posted by 三上和伸 at 08:13| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

前奏曲 春爛漫、もう直ぐ初夏Aの記事に誤りが… 2019.04.20

先日(4月16日)記した間奏曲・春爛漫もう直ぐ初夏Aの記事に誤りがありました。それは初夏の定義を述べる際の、”春の節分を起点”にの記述ですが、これが誤りで、春の節分ではなく冬の節分でした。一般に節分と言われている立春前日の日を言います。記事を”節分(立春前日)”と改めさせていただきました。申し訳ありません。お詫びいたします。
posted by 三上和伸 at 07:00| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

前奏曲 カクレ花粉症かしら? 2019.04.18

ヒノキ
ヒノキの葉
病院で調べた事はありませんが、どうも私にもアレルゲンがあるらしく、ほぼ一年中くしゃみや鼻炎、そして目頭目尻の痒みが絶えません。まあ、そんなに重症ではありませんが、ティツシュペーパーの消費量が半端なりません。今朝は特に酷く、クシャミと鼻水が止まらず、十数回鼻をかんでいます。

人間、生きていると言う事は、様々な障害が付きものです。卒なくお医者に行って直すところは直した方が好いですね。色んな薬と出会い付き合って…。私の障害と言えば高血圧に不整脈、そして度々出て来る腰と踵の痛み、それにジンマシンとアレルギー性鼻炎と目の痒みですかね。それらと上手く付き合って、残る少ない人生をエンジョイ致しましょう。
posted by 三上和伸 at 07:59| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

前奏曲 ああ満開、三春の滝桜 2019.04.17

日本三大桜や五大桜の名称があり、中には日本古来の千年を超す桜も存在します。三大桜は、甲斐の神代桜(じんだいざくら)が筆頭で樹齢2,000年、紅色の比較的濃い江戸彼岸桜の古木で、日本最古と言われています。二番手が岐阜県本巣根尾谷の淡墨桜(うすずみざくら)で樹齢1,500年、やや淡色の桜で、これも江戸彼岸桜の古木です。三番手に控えしは福島三春の滝桜(たきざくら)で樹齢1,000年、エドヒガン系の糸桜(枝垂桜)で、花は一重の紅枝垂れ桜です。

今丁度、この滝桜が満開を迎えているとニュース・トピックスが伝えています。紅色の濃い一重咲きの紅枝垂れ桜で、その華麗に枝垂れる様がまるで滝のようだとして滝桜の異名があります。三大桜の三番手ですが、その華麗さは日本一、否、世界ナンバーワンの桜と申して過言では無いでしょう。

憧れつつも、その地獄の混雑に二の足を踏んでいる私です。三大桜の内の神代桜しか観ていない私、桜を語る資格は無いですが、この滝桜ともう一つの淡墨桜、死ぬまでに一度は観たいものです。桜の語り部として名を挙げたいです。
posted by 三上和伸 at 10:27| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

前奏曲 Rくんと遊ぶ 2019.04.16

昨日今日と好い天気が続きます。今が秋の白露から立冬までのふた月と並ぶ春の一番好い時期ですよね。清明から芒種までのふた月、一番過ごし易い春から初夏の時期ですね。鶯が鳴き、桜が咲き、しばらくすれば藤が咲き、不如帰が鳴きます。目に青葉が染み、初鰹(アニサキス怖いけど)が美味しいですね。本当に素晴らしい日本の季節の白眉です。

そんな中、昨日は仕事に行く前のしばらくを、Rくんと玩具遊びや公園散歩に費やしました。玩具に強い興味を示すRくん、次々と取り出しては私に紹介するのです。その度に、私は「アンパンマン」、「ミッキーマウス」と答え、同意を得ます。するとRくんは至極満足、それがRくんの知識欲の快楽の一つなのでしょう。意気軒高としています。

オネムそうになったので、今度はバギーに乗せて公園を目指しました。途中には庭の花そして野の花が咲いていました。今の時期は庭ではアイリス、空き地では爪草に蒲公英、公園の山の土手には、立壺菫に木苺の白い花が咲いていました。桜も微妙に残っていて、春爛漫を通り越して春満々となっていましたね。玩具と違い、今度は私が説明してやりました。「ほら、アカツメクサだよ、こっちはシロツメクサ、タンポポの綿毛、これがタンポポだよ」と一本手折ってRくんに渡しました。

その内、バギーの中は静かに…、あらあら、Rくんはネンネしちゃいました。Rくん、寝ちゃったのにしっかり左手でタンポポを握り締めていました。そう言えば昔、Yちゃんもそうでしたね。ネンネしてもしっかり最後まで、タンポポを握りしめていました。ネンネしても意識の端に握った手があるのですね。

おうちに帰ってベビー布団を敷いて、Rくんはぐっすり、私は仕事に出ました。
posted by 三上和伸 at 09:11| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

前奏曲 天気回復へ 暖かくなります 2019.04.15

葉桜
昨日は”みをの会”で、みなとみらいを歩きました。街はほんのり桜色でしたが、今朝の未明からの雨で、愈々桜は終いとなりました。我が棟南面の巨大桜も葉桜に変貌中ですね。また来年を楽しみに…

未明の雨で道路は濡れています。しかし陽射しも出始めており、回復傾向にありますね。今日の徒歩の仕事に差し障りはなさそうです。今日はチョイと変則的な仕事で、伊勢原のNちゃんYちゃんRくん家へ行ってから徒歩で仕事に向かいます。何の用事か判りませんが、妻がNちゃんYちゃんRくん家に行くと言うものですから、帰りの夜の妻の運転が心配なので、私も同伴し、Rくんと遊んでから徒歩で仕事に行こうと思っています。天気回復が何よりの朗報です。
posted by 三上和伸 at 07:19| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

前奏曲 昨日今日は音楽会 2019.04.14

昨日は大田区ハイドン室内管弦楽団のコンサート、大田区民ホール・アプリコ大ホールで開かれました。曲目はウェーバーの「魔弾の射手序曲」、ハイドンの交響曲第99番変ホ長調、それにシューマンの交響曲第3番変ホ長調「ライン」でした。1回席は満員、私は2階席の中央に陣取り、ゆったりとホール下段の舞台から轟渡る音響を浴びました。人それぞれに好みがあると思われますが、オーケストラのコンサートでは勢い、私はホール後ろの席を選びます。勿論プレーヤーの顔などは観られませんが、音楽はカチッと固まって聴こえ、音楽のアウトラインが鮮明になります。音楽の本質が見え易いのです。ホール全体の響きとして捉え易いのです。

演奏は快調でした。金管(特にホルン)を除けばシッカリした合奏で、聴き応えがありました。されど選曲が今一つでしたね。エンタの「魔弾の射手」は兎も角として、ハイドンの99番、明るい曲でしたが没個性でしたね。この作品番号辺りでは「驚愕」、「軍隊」、「時計」、「太鼓連打」、「ロンドン」など、傑作が続いているのですが、それらの中では埋もれた存在と言えますね。まあ、ハイドンシンフォニー全曲演奏を目指しているオーケストラですから致し方ないですが、やや地味な作品でした。

シューマンは❓❓❓でしたね。ホルンが❓❓❓、弦が美しく歌っているのですが、ホルンの立ち上がりの音が不揃いで、聴いてる方はずっこけますね。アマチュアオーケストラの最大の弱点・ホルンが残念でした。シューマン、ピアノ曲や歌曲は並ぶもののない傑作を残していますが、交響曲はね❓❓❓。今一つ、強いモチベーション(意欲、動機)が足りませんね。シンフォニー作品ではシューマンはアマチュアです。ベートーヴェンやブラームスのような強いモチベーションがありません。

今日は三上夏子が歌の伴奏で出演する「みをの会」が行われます。何時もの大関はるみ先生の歌う歌曲やアリアの伴奏です。楽しみです。
posted by 三上和伸 at 09:20| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

前奏曲 内田嶺衣奈アナ観ました 2019.04.12 24:15 

私が大好きな女子アナの屈指の一人・内田嶺衣奈アナ。毎金曜の24:10〜55まで、フジのLive News αでメーン・キャスターを務めています。昨日は久しぶりで嶺衣奈ちゃんを観ました。相変わらずのソプラノの声で、笑顔を交えてのエンタ性のあるその軽いアナウンスが素敵でした。私はむしろ、話の内容よりも音声でウットリとしてしまいます。深夜の番組で、後は寝るだけですから打って付けのアナウンサーですね。深窓の令嬢風の美貌、そしてその容姿にぴったりのソプラノの声のアナウンス、フジ1の女子アナです。

声の良い女子アナ三羽烏
・TBS=音域アルト=小林由未子アナ、良く通る低音の魅力。きっと口内の空洞の共鳴が良いのです。
・フジ=音域ソプラノ=内田嶺衣奈アナ、美貌にピッタリの明るい高音、思わず微笑んでしまいます。
・テレ東=音域メゾソプラノ=大江麻理子アナ、落ち着いた中音の美声、滑舌も抜群、女子アナの鏡。
女声3声域の最も声の美しい女子アナです。
posted by 三上和伸 at 08:39| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

前奏曲 最低気温高く、最高気温低い? 2019.04.12

これが春の気候なのかもしれません。ここ数日、昼夜の気温が不連続で不規則です。普通最低気温は早朝に出るのですが、10日は昼夜が逆転していました。今日も最低気温は8.8℃、4:16の記録ですが、どうやら今日は晴れないようで、予想では、最高気温は10℃を少し上回るくらいしか上がらないようです。一日同じような気温の日となりそうで、今日は肌寒い一日かも知れませんね。
posted by 三上和伸 at 08:19| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

前奏曲 気温上昇に転ずる 2019.04.11

昨日(10日)の20:38を底(3.6℃)に、気温は徐々に上昇しており、今日の5:58に7.3℃まで上がりました。良く晴れており、北風は未だ強いですが、日中は暖かくなるでしょう。この先は次第に暖かくなるそうで、20℃前後になり、好い陽気の春本番となりますね。横浜では桜は終わって仕舞いましたが、これからはツツジにフジが色を競うでしょう。楽しみはまだまだ広がります。
posted by 三上和伸 at 06:51| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

前奏曲 只今室温16℃☂、真冬並みにはなっていません 2019.04.10

昨夜の各テレビの天気予報で、明日(今日)は真冬並みの寒さになり、関東甲信越静岡の山間部では積雪の心配ありと、警告を出していました。先ほど起きてみた所、何時もと変わりなく、暖かい朝でした。それでも横浜の毎正時の気象データを観てみると、7:50に6.9℃を記録しました。未だに下降しているようで、昼過ぎ辺りには雪がチラつくかも知れませんね。

こんな日に仕事、仕方ありません。行って来ます。
posted by 三上和伸 at 08:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

前奏曲 葉桜の中に四十雀(シジュウカラ) 2019.04.09

DSCF1100[1].JPG
花散らしの北風が強い朝、我が棟南面の桜も観るに忍びない姿となりました。花弁は減り、葉が浮き出て来ましたね。そこで観ると四十雀が懸命に花弁の落ちた桜の蜜を舐めに来ています。桜の蜜、嘴の短い小鳥では、平素、その蜜は吸いにくいのですが、こうなればしめたもの、たんまりの御馳走に有り付きました。余り動く事をせずに、蜜吸いに全力を尽くしていました。健気でした。
posted by 三上和伸 at 10:17| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

前奏曲 花散らしの雨 2019.04.08

花散らしの雨 葉桜
6時頃から降り出した雨、我が棟前のターン場に散った桜が花の絨毯になっていました。今朝の花散らしの雨で、今年の横浜の桜もお終いとなりました。無残にも葉桜となり、落ちた花弁が最後の栄華を魅せていました。

団地には掃除のオジサンがいますが、晩秋の落ち葉の時期とこの桜吹雪の時期、実に重労働を強いられます。お会いすると「お疲れさま」の声を掛けています。
posted by 三上和伸 at 08:02| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

前奏曲 染井吉野と山桜のコラボ 2019.04.06

染井吉野の先に山桜
染井吉野と山桜の競演(饗宴・共演)、我が家ベランダから
我が棟の南西面には森があります。私はヒグラシ(蜩)の森と名付けています。毎年夏から秋に蜩が美しい声で鳴いてくれます。数十・数百の個体がおり、一斉に鳴き出すと、それは壮麗な讃美歌となって私に迫って来ます。

そんな森には山桜もあり、毎年、庭の染井吉野とコラボレートします。少し山桜の方が開花は遅いのですが、染井吉野の散り際には山桜は満開を迎えます。染井吉野の淡紅紫色に比べシンプルな白花で同時に出る葉は黄緑色です。妖艶と清楚、濃密と淡麗、今年も絶佳のコラボレーションが現れました。
posted by 三上和伸 at 08:27| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

前奏曲 今日は母の誕生日にしてブラームスの命日 2019.04.03

老健の部屋からの眺め
老健の部屋からの眺め
昨日は、母が老健に転入してから二日目、Kさんと3人の曾孫たちが曽バアバを訪ねてくれました。有料ホームには間に合いませんでしたが、老健二日目にして、曽バアバは切望の曾孫たちに会えました。老人というものは幼児よりは赤ちゃんが好みです。頻りとRくんに関心を持ち、抱こうとするのですが、初対面同様のRくんは嫌がり、泣かれてしまいました。それでもしっかり、Rくんの感触を確かめたようでした。

今日4月3日は、私としては記念日の一つです。母の誕生日でもあり、ブラームスの命日(1897年4月3日)でもあります。今日は仕事で、母を見舞うことは出来ませんが、妻が宜しく伝えてくれ、バースデイを祝ってくれるでしょう。

ブラームスには今夜にでも、「ドイツレクイエム」を捧げましょう。
posted by 三上和伸 at 07:53| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

前奏曲 早朝?の訪問者 2019.04.02

昨日、我が家にお泊りをしたNちゃんYちゃん、一夜明けて起き出すとやおら私を起こしにかかります。私の布団の上にある電灯のスイッチを点けます。私が悲鳴を上げて起き出すのを楽しんでいるのです。洗濯をしに我が事務所工房へ行くと、突然の訪問者、フフフ…、判っていますよNYちゃん、招き入れれば早速悪戯盛りで、我が部屋を蹂躙・翻弄し始めます。

ジイジの部屋を掃除するNちゃん
NちゃんYちゃん一家がお泊りに来るので、我が事務所工房もきちんと掃除をするのですが、悪魔の目を持つNちゃんがハンディークリーナーで落ちている埃を掃除。字面捜し同様に、Nちゃんのジイジ虐めの快楽遊戯が始まったのでした。「チャンと掃除してるよ!」、「マダマダ、埃が落ちているよ!フフフフフフフフ・・・」。

電子辞書英語版動画を観るYちゃん
電子辞書の英語版音声動画を観るYちゃん
そしてNちゃんの暴走は電子辞書にも及びます。何時か憶えた精密捜査を駆使して、英語版音声動画をゲットし、Yちゃんに見せているのでした。Yちゃんはもう夢中、ご飯に呼ばれても暫くは微動だにせず、画面に集中していました。
posted by 三上和伸 at 09:14| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

前奏曲 今日は恵ちゃん・ナッチャンのヴァイオリン教室とピアノ教室の発表会、Nちゃんも出ます。 2019.03.31

今日は恵ちゃん・ナッチャン夫婦が教えているヴァイオリン教室とピアノ教室の栄えある発表会・リトルコンサートが開かれます。な・何とNちゃんも出るのですよ。年に1回の発表会、日頃の精進の結果が表れる大切な日です。みんな目の色を変えてこの日を迎えています。幼稚園を卒園したばかりのNちゃんから高校生のお姉さんまで、色取り取りの名曲をソロとアンサンブルで弾いてくれます。そして講師演奏では恵ちゃん・ナッチャンが二重奏で、エルガーの名曲「愛の挨拶」を聴かせてくれます。どんなアレンジを使うのでしょうか? 楽しみです。
posted by 三上和伸 at 06:36| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

前奏曲 標本木染井吉野散り始める 2019.03.30

2019.03.30 標本木散り始める
3月21日に5輪以上の開花を見届け、今年の我が庭の染井吉野の開花宣言をしたのですが、それから9日目に、とうとう桜は散り始めました。咲くまではワクワクと、咲いてからはホノボノと、満開でウットリと、十日間を楽しませてくれました。これからは花吹雪を待つのみ、今は時折ハラッと舞うのみですが、暫くすればハラハラと、散り行くでしょう。地面には宴の証、大量のチリヂリの花弁がピンクに覆い尽くすでしょう。桜は最後まで楽しめる得難い花です。有難う桜!
posted by 三上和伸 at 08:52| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

前奏曲 春ですねJ ナズナ・ぺんぺん草の名の由来 2019.03.29

ナズナ、ぺんぺん草の由来
ナズナの花と三角形の実
ナズナの名の由来は諸説あります。春から初夏の草なので、夏に無くなる意味で夏無(なつな)がナズナに訛ったものが一つ、もう一つは、白い花が撫でたくなるように可愛いと撫菜(なでな)になり、ナデナがナズナに訛ったものがあります。

ぺんぺん草は、実の見てくれが三味線のバチ(撥)に似ているため、三味線の擬音のペンペンを拝借し、ぺんぺん草の名が生じたもの、三味線草の別称もあります。

実の柄を少し裂いてブラブラにし、茎を持ってクルクル回すと「でんでん太鼓」の要領で音が鳴ります。素朴な子供の玩具としても使えます。この花は無限花序で下に沢山実が付いても、枯れるまで花が咲き続けます。面白い草です。  参考:ウィキペディア事典
posted by 三上和伸 at 08:12| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

前奏曲 我が母、老健に入所本決まり 2019.03.26

1月の下旬にインフルエンザに罹った母、一時は危険な状態でしたが、何とか持ち直し、退院の運びとなりました。約1ヶ月強、病院に居まして、インフルは完治しましたが、退院まで点滴が外れず、リハビリの甲斐も無く、母は歩けなくなりました。病院側の説明では、在宅では危険が伴うので、完全介護の有料老人ホームを勧められました。そして老人ホームへ転居、3週間が経とうとしています。

ところが、もともと丈夫な体であった母の回復は急激なものがあり、この老人ホームの的確な介護のお陰もあって、歩けはしませんが、立つ事は出来るようになりました。点滴は入所時点で外れており、今の時点で手厚い有料老人ホームに居る必要が無くなり、特養か老健で充分になりました。

私達は経済的負担の大きい有料老人ホームを出るべく、老健を探していましたが、漸く、ある老健が受け入れを承諾してくれました。来月早々、母は老健に入所します。

負担の金額は、月額約20万円違ってきます。これで預金の目減りは無くなり、母の遺族年金だけで費用を払っていけます。また引っ越しで、母には負担を掛けますが、背に腹は代えられません。母も解ってくれるでしょう。有料→老健→特養の順番で、動いて行く手筈です。

老健=介護老人保健施設。病院と在宅介護の中間に位置する老人介護施設。リハビリをして在宅介護に返す施設。3か月を目安としている。




posted by 三上和伸 at 08:26| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

前奏曲 南面の染井吉野 2019.03.25

2019.03.25の染井吉野
開花から5日目
我が棟の南面の染井吉野、北面の標本木より一回り大きい立派な桜です。ベランダ側にあり、窓を開け放しておけば、茶の間で居ながらにして眺められます。私の団地は今年で50余年、この桜も50歳と言えるでしょう。太い幹と壮大に伸ばした枝、正に中庭の霊木の雰囲気があります。庭の主ですね。満開まであと数日(4~5日)、私達は2階の茶の間から花見をしています。あと1週間は楽しめるでしょう。
posted by 三上和伸 at 08:01| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

前奏曲 放射冷却、冷えました ウグイスにコゲラが... 2019.03.24

昨日は時折小雨の降る曇天でしたが、今朝は良く晴れて、その分放射冷却が進み、05:13には今日の最低気温の2.3℃を記録しました。桜が咲きだしたのに一気に真冬並みの低温になりました。しかし6時を過ぎると日照が始まり、徐々に気温は上がってくるでしょう。明日から週半ばまでは最高気温が20℃に届く勢い、週末は寒さが戻り、降水確率は上がりますが、お花見は出来るようです。

先程からウグイスとコゲラが鳴いています。澄んだ声(ホケケョ)と濁った声(ギイギイ)、そしてコゲラは「トルルルルルル…」と枯れ木に連打のドラミングをします。桜だけではありません。天地に春が訪れているのです。
posted by 三上和伸 at 07:04| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

前奏曲 今日は☂(霙)のち☁ 2019.03.23

標本木の開花状況
昨日の暖かさ(暑さ)で一気に開花が促進されましたが、今日の☂、何と今、霙(みぞれ)混じりに変わりました。これで開花は一休みですね。8:27に最低気温4.0℃を記録しました。北風もしっかり毎時5m/s以上を記録していますから、今日は寒い一日となるでしょう。桜の開花スピードも鈍り一休みと言ったところでしょうか? まあその分、長く🌸を楽しめますよね。好い傾向で推移しているようです。
posted by 三上和伸 at 08:33| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

前奏曲 驚愕最低気温15.9℃、イチロー引退 2019.03.22

やけに暖かいですね。もう暑いと言っても可笑しくありません。昨日から吹き付けている強い南風に依り、深夜に異例の高温をもたらしました。それでも6:00より風は北に変り、仮初の高温は収まるでしょう。

イチローが引退をしました。何故シーズンの初めでこの引退劇、どうも出来レースであったかのようです。まあそれにしても日本が生んだ史上最高のプロ野球選手、その記録は空前絶後であり、大リーグ最多安打の更新(262安打)など、野球選手の鏡と言って間違いはないですね。

日テレがイチロー会見を1分で済ませたそうです。保守本道の読売らしい扱いですね。当然ながら世界一の選手は読売でなければならないのです。そう王さんですね。ホームラン世界記録(868本)の王さんこそ、読売にとって最高の選手でしたからね。
posted by 三上和伸 at 08:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

前奏曲 深夜未明放送でヒマラヤの謎を知る 2019.03.20

今朝未明にNHKBS3で、ヒマラヤ山脈の8,000mの秘密を謎解く番組を観て仕舞いました。今は凄く眠いです。でも興味津々の番組でしたので、うつらうつらしながらでも観て仕舞いました。

インド亜大陸とユーラシア大陸との激突、それは未だに続く地殻変動だそうです。太古の昔、インド亜大陸がユーラシア大陸に激突し、ユーラシア大陸の深部に沈み込む時に、超硬質の片麻岩が出来ました。そして地下のマントルが沈み込む時に巨大な浮力が発生し、その片麻岩が10,000mまで上昇したのがヒマラヤ山脈だそうです。エヴェレストも片麻岩で出来ているそうです。そしてそれは海中からの上昇のようで、その片麻岩の中にはアンモナイトなどの海の生物の化石が残されているのだそうです。更に濃度4.9%の海水よりも濃い塩水が滴る洞窟もありました。これは濃縮されたインド洋の海水だそうです。

ダウラギリ山(8,167m、7位)とアンナプルナ山(8,091m、10位)の間には世界1深い谷があるそうで、その谷も片麻岩で出来ているそうです。幅数mの断崖の谷、そこにヒマラヤの8,000mの秘密が眠っていました。
posted by 三上和伸 at 08:57| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

前奏曲 明日香村・キトラ古墳が国宝に 2019.03.19

飛鳥時代の極彩色壁画・キトラ古墳壁画が国宝に認定されるようです。昨日(18日)、文化審議会が文部科学相に答申したそうです。今から10年前の2009年春に私達一家は吉野の桜と明日香村を訪ねました。雨の吉野は残念ながら吉野桜(山桜)満開とは成らず残念でしたが、次の日の一日掛けての明日香村漫遊は楽しい思い出となりました。石舞台古墳、亀石を訪ね、キンポウゲやレンゲソウが咲く天武天皇陵まで足を延ばし、その間に高松塚古墳を観、感動を覚えました。その際知ったのが高松塚同様のキトラ古墳でした。しかしこの時は壁画の修復中で、訪ねる事が出来ませんでした。あれから10年、もう一度、明日香と吉野を訪ねたい!

愈々国宝に…、私も何時か…、国宝の極彩色の青龍、白虎、朱雀、玄武の四神(しじん)に相見える時が来るでしょう。
posted by 三上和伸 at 08:37| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

前奏曲 春ですね1 2019.03.17

ヒマラヤ雪ノ下 葉牡丹
ヒマラヤユキノシタ   葉牡丹
先程、少し散歩をしたのですが、春の花が満開でした。勿論、野生の花は、一部を除いて今少しの時間が必要ですが、時を知らない園芸植物は、満開でした。他にはクリスマスローズ、プリムラマラコイデス、パンジー、ビオラ、クリサンセマムなどのお馴染みの花が庭の彼方此方に咲いていました。中でも美しいのが淡紅紫色のヒマラヤユキノシタと葉牡丹、そこは正に異空間、色が溢れ、見栄えがしました。
posted by 三上和伸 at 13:49| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

前奏曲 NZテロ、宗教の偏見が憎悪を生む 2019.03.16

どうやら横浜は雨が降らず、時折、陽が射しています。7時現在の気温は7.7℃、北寄りの風ですが、今のところ弱いようです。温かい朝で始まりました。全国的に天気は回復傾向ですね。但し、日中の最高気温の予想は横浜で13℃くらい、日本全国、うすら寒い陽気の一日のようです。未だ札幌・釧路の最低気温は氷点下、長い冬が続いています。気の毒です。

NZでテロが起こりました。21世紀も20年経とうとしていますが人間は原始の儘ですね。年がら年中、殺し合いをしています。何処から来るのかしらね、その殺意は? そんなものを突き詰めて行く人生なんて嫌ですね。私はそんな負の人生からは足を洗い、争いから身を隠し、静かに生きて行きたいですね。愛する人達と自然を愛で、芸術を愛して…。後十数年の命、穏やかに生きて行きたい! 欲を掻くな人間!
posted by 三上和伸 at 07:57| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

前奏曲 飲み込み体温計、犬で成功 2019.03.15

今朝の横浜の最低気温は5.6℃、平年より少し高いですね。最高気温は平年では13℃強、昨日は平年並みでしたが、今日は少し高目になるでしょう。15℃いきますかね。15℃が暖かさの分岐点のようで、15度を超えると人間は快適を覚えるようです。

ネットニュースの科学の欄に、東北大が飲み込み式の超小型軽量の体内感知の体温計を開発している記事が載っていました。現在は犬で成功し、これからは人体に適応できるよう更に開発を進めているそうです。画期的なのは、体内で危険を伴う電池を使わない機能だそうで、レモン電池(レモンの皮に金属を差し込み発電させる)を応用した胃酸で発電するシステムを開発したのだそうです。使い捨て(排便で体外へ)で24時間深い体内の温度が測れるそうで、そのデータを通信電波で外のセンサーに送れるとの事。物凄いイノベーション(技術開発・革新)ですね。一個百円を目指しているそうです。
posted by 三上和伸 at 09:21| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

前奏曲 5年で4人を産んだ青山祐子アナ、退社の方向 2019.03.13

体育系(筑波大体育専門学群卒業)のNHKの女子アナ・青山祐子さんがNHK退職の意向だそうです。立て続けの4人の出産で、産休の期限が切れるそうです。結局、復帰には至らなかったそうです。

明るい笑顔と巨乳で話題を振り撒た女子アナ、サンデースポーツやニュースウォッチでキャスターを務めたNHKの看板アナウンサーでした。天性の笑顔でその場の雰囲気を和らげ、健康的なアナウンスでお茶の間に確固たる地位を築きました。男ですからツイお顔から胸の線を追って仕舞います。それほど健康的なはち切れんばかりのバストでした。5年で4人のお子さんを産んだそうです。さぞかし、オッパイは沢山出たのでしょうね。子供さんの成長の暁には、是非マスメディアに戻って来て欲しいですね。
posted by 三上和伸 at 08:20| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

前奏曲 向う一週間は☀ 2019.03.12

ネットの天気予報を見てみると、今日から19日まで、☼マークが並んでいます。降水確率も20%未満で、まとまった雨が降る確率は低いですね。天気図や衛星写真を見ても、列島(北海道除く)から西の中国大陸まで雨雲が観られません。突然の春の大高気圧帯、向こう一週間は天の太平が続きます。色んな計画が立てられます。観梅、観桜、旅行、行楽には持って来いの一週間になりますね。私共は母の養老院入りで、二進も三進も身動き取れない負の状況ですがね…トホホ…
posted by 三上和伸 at 07:23| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

前奏曲 米・ソルトレークシティー・S・スケートW杯、日本勢大活躍、日本新・世界新続出 2019.03.11

試合内で塗り替えられてしまう世界新記録、日本勢がその渦中?で活躍しています。女子の小平、高木美保、男子の新浜が日本記録を更新しました。特に素晴らしかったのが高木美帆の1500m、1分49秒83の世界新記録での優勝、凄いですね。

米・ソルトレークシティーは標高が高く空気抵抗が少ないため、高速が出易い地域。しかし、呼吸は辛く、高木美帆は5000mでしくじりました。

posted by 三上和伸 at 06:47| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

前奏曲 クジラ、高速船と衝突 2019.03.10

新潟と佐渡を結ぶ高速船が昨日クジラと衝突したとか。以前にも相模湾でこの種の事故は起こりました。数年に一回位の頻度ですからそう多くはありませんが、乗客の多数が大怪我をし、勿論クジラは死んでしまうでしょう。

クジラにとって高速船は速度が速すぎるのでしょう。哺乳類ですから息継ぎするため水面に上がってきます。そこを高速で疾走する高速フェリー、万が一でしょうが、激突してしまう可能性はあるのでした。クジラが避けられないほどの速度、空や陸では良いでしょうが、海上ではどんな魚類や哺乳類がいるか分かりませんから、その個体が避けられるほどの速度で航海してほしいものです。人間の御都合主義、商業主義、改めるべき所は改めるべし!
posted by 三上和伸 at 07:37| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

前奏曲 春に三日の晴れなし? 2019.03.09

春の上空は偏西風が強く流れ、気圧の変化が激しく、そのため周期的に天候は変り、「春に三日の晴れなし」の句が生まれるのです。移動性高気圧は日本列島に留まらずに、素早く移動するため二日も晴れれば直ぐに雨模様となります。しかしそれよりも今回の高気圧は大きいため、昨日(☀)・今日(☀)・明日(⛅→☂)と晴れ間が続くそうです。良かったですね。

庭の椿 ウメ(白) 沈丁花(ジンチョウゲ)
春の☀は貴重です。何しろ北風さえ吹かなければ、日差しは強く、暖かくなります。今日は風弱く、絶好の行楽日和です。早春の花を愛でに出かけませんか?
posted by 三上和伸 at 09:31| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

前奏曲 怒りと哀願のホーム入所 2019.03.08

昨日は本当に情けなく、老人ホーム入所で一悶着ありました。病室からホーム自室まで、ストレッチャーで移動した母は、漸く自分の運命が思いの外に転がる事を感づいた様でした。事前の説明は充分したのですが、母の脳にはしっかり到達していなかったようで、「家に帰りたい」の一点張りとなりました。例に依って私が声を荒らげ説得をし始めると、傍に居た妻が遮り、妻とホームのスタッフと入所者のご老人がなだめました。結局夕食となり、その空きに私達は逃げ出すようにホームを退所してきました。強い落胆を胸に…

今日はナッチャンを連れて見舞いに行きますが、今度は冷静にジックリと母の運命と立場を説明しようと思っています。きっとナッチャンが後押ししてくれるでしょう。
posted by 三上和伸 at 06:56| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

前奏曲 雨の退院引っ越し 2019.03.07

皮肉な天気、天は我等に味方をしてくれませんでした。今日の行動としては、手続きを終え、ストレッチャーで母を介護タクシーに乗せ、妻が付き添いとして同乗します。私の車も介護タクシーを追い、2台で横横道路を北上し、横浜の有料老人ホームに到着させます。母の為に予約しておいたホームの部屋に母を納めて終了します。このようなシミュレーションとして思い描いております。
posted by 三上和伸 at 07:58| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

前奏曲 沈丁花、春の匂い 2019.03.06

沈丁花
沈丁花(ジンチョウゲ)
香木の沈香と丁子を足したほどにいい香りがすると言うので沈丁花の名が付きました。蝋梅・梅同様に早春の香木の一つです。春は香木が多く、順次咲いてきます。一番は蝋梅、次に梅、そして最後がこの沈丁花です。その匂いの基本は甘さですが、蝋梅は穏やかに香ります。しかし、梅、そして沈丁花に至るに従って、清冽な刺激の香が加わります。その清々しさは正に早春の香りです。されどその香に優劣は付けられません。個性際立つ特別な香りだからです。

昔亡くなった隣人が育てた沈丁花です。毎年、間違わずにこの季節に咲いてくれます。花を見る度、その隣人の顔が浮かびます。
posted by 三上和伸 at 07:46| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

前奏曲 雨上がる 母退院で住所変更と金策 2019.03.05

明後日、母が退院をし、横浜の施設に入るので、今日は母の住所変更と、母の預金などの整理をするため横須賀市役所と、使っていた銀行を訪ねる積もりです。雨も未明に上がったようで、苦労なく事が運べそうです。

愈々、母の人生の最後の旅立ち、今まで生活していた家を空ける事は、母として苦しくも悲しい事ですが、これも人生を澱みなく過ごす最良の手立て、立派に成し遂げさせてやりたいと思います。この先の孫や曾孫との逢瀬、きっと母の最後の生活に潤いを与えてくれると確信しています。ナッチャンやKさん、NちゃんYちゃんRくんが母の人生の最後の一齣を彩ってくれるでしょう。
posted by 三上和伸 at 07:26| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

前奏曲 気が腐る雨 2019.03.04

雛祭りも雨で腐らせたこの春の天気、まあ、これが春らしい天気と言えばそうですが、2日☀・2日☂では少々辛い、2日☀で1日☂ならば許せますのにね。今日の月曜も雨に祟られ、しかも1時間に5mm以上の雨が続いています。冬の少雨が影響しているのかも知れません。自然の平衡感覚ですかね、今必死で冬の少雨を取り返しているのでしょう。通勤通学💦大変ですね。私の今日は午後の出勤、☂止んでますかね?

まあ、昨日より気温は高めですね。最低気温は6.4℃を記録しています。風は北風🏁
posted by 三上和伸 at 09:02| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする