2019年08月14日

終曲 目まぐるしい一日、蝉の代わりにコオロギが 2019.08.14

天候が目まぐるしく移り変わる一日でした。晴れたり曇ったりスコールのような雨が降ったり、出掛ける人には油断のならない一日でした。これも台風クローサの所為、遠く四国の水際にある台風ですが、関東平野の彼方此方でスコールを降らせたようです。

雨で少し気温が下がったのか、あの五月蠅い蝉時雨が途絶え、今、エンマコオロギが鳴いています。一気に我が庭は、秋の佇まいとなりました。どんなに暑くても、次の季節の主役は待ってはくれません。もう何としても鳴かずにはいられないのです。立秋は疾うに過ぎたのですから…


posted by 三上和伸 at 20:26| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

終曲 Nちゃんの灯籠、阿夫利(あふり)神社参道に灯る 2019.08.10

大山絵とうろうまつり、阿夫利神社参道の小学生作の灯篭 Nちゃん作の四季のとうろう
灯籠並ぶ大山阿夫利神社参道とNちゃんの灯籠
大山絵とうろうまつりに、Nちゃん小学校も参加をし、Nちゃんの灯籠も阿夫利神社の参道を灯しました。多くの小学校の子供たちが参加をしたとうろうまつり、夥しい灯籠が参道を飾りましたが、Nちゃん小学校は何と、門前の直ぐ傍の位置を占めていました。そして何と、Nちゃんとうろうはその向かって右3番目、しかもNちゃんは一瞬の内にそれを発見したのでした。驚きました、Nちゃんの正確な記憶力によって、我ら一同の探す手間を一瞬の内に省略したのでした。恐るべきNちゃんの記憶力・探査力、「ハハー」とジジババ一同、平伏したのでした。
posted by 三上和伸 at 23:55| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

終曲 3人の孫、思いで残して帰って行きました 2019.08.03

プール遊び、Yちゃんの初レッスン、蝉の脱皮と空蝉取り、ボリショイサーカス鑑賞にヒイバアバ訪問、そして帰った後のNちゃん朝顔への水遣り騒ぎ、多くの思い出を残して3人の孫は帰って行きました。

送って行ってNちゃんYちゃんRくん家へ着いた途端のNちゃん朝顔や植木への水遣り。土はカラカラに乾いており、Nちゃん朝顔は萎れていました。私も手伝い、大わらわで水遣りを終えました。

バイバイの時が来ました。3人の顔を見詰め、名前を言って「Nちゃんバイバイ!、Yちゃんバイバイ!、Rくんバイバイ!」。みんな好い笑顔をくれました。車を走らせた瞬間、孫3人が私の車を追い掛けて来ました。私は込み上げる思いを胸にウィンドウを開け、千切れるほどに手を振り続けました。
posted by 三上和伸 at 22:57| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

終曲のオマケ 本読み聞かせジイジ復活 2019.08.01

丁度今から2年前、Rくんの誕生の折の1カ月間、NちゃんYちゃんが我が家に逗留しました。私は二人を飽きさせぬよう気を配り、本の読み聞かせの鬼と化し、毎晩10冊以上の童話本を二人に読み聞かせしました。その面白さに味を占めた二人は、朗読を聞く楽しさを知るようになり、本の中に愛さずにはいられない宝物を見出したようでした。次第次第に、聞く時の目の輝きが違ってきたのでした。私は二人に物語の喜びを教えました。今や二人は、一端の読書人になろうとしています。

今夜久し振りで、私の昔取った杵柄(むかしとったきねづか)が復活しました。二人が選んだ本が、彼の懐かしい消防自動車ジプタと森のはいしゃさんでした。私は登場人物のキャラクターを際立たせ、声音よろしく、劇的に物語りました。読むに従い、あの当時の二人の目の輝きが戻っていました。乗り出すような動作とキラキラ光る黒い瞳、大きな喜びを実感しました。
posted by 三上和伸 at 22:15| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終曲 ナッチャン先生からYちゃんレッスンに付いて、「バッチリでした」ですと! 2019.08.01

今し方、ナッチャン先生からメールを貰いました。勿論、Yちゃんレッスンに付いての事。ナッチャン先生、「バッチリです。アハハハハ〜」ですって、Yちゃんの本気が伝わって来ました。嬉しい事ですね!
posted by 三上和伸 at 21:43| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

終曲 町田薬師池公園蓮花不作 2019.07.31

今朝の写真入りで紹介されていた町田薬師池公園の大賀蓮、見頃が無く、僅かトータルで数輪しか咲かない大不作となったそうでした。今年は薬師池を訪ね、蓮の写真でも撮って来ようかと思っていたのですが、とうとう行かず仕舞い、不作が話題となって仕舞って、残念な一年でした。

何分の梅雨の悪影響で、晴れませんでしたからね。夏の土用の花ですので、太陽の似合う花ですのでね。今年は余りに梅雨明けが遅かったですからね。
posted by 三上和伸 at 23:38| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

終曲 アルマゲドン的小惑星地球接近 2019.07.29

7月25日、小惑星(直径130m)が地球から72,000km《地球⇔月の1/5の距離》ほどの距離で通過したそうです。今回は専門機関の発見が遅れ、時間内に対処不可能だったらしく、アルマゲドン的に危険な接近だったそうです。もし衝突すれば、地球に大きな損傷を与え、人類を始めとした地球生物に多大な犠牲が出ていたかも知れない危険な遭遇だったようでした。兎に角一安心です。小惑星・隕石、怖いものがあります。
posted by 三上和伸 at 23:23| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

終曲 2019参院選、自民勝ち野党負け 2019.07.21 

多くの政策で気に入らない側面が多い安倍自民党ですが、ある程度の国民の支持があるのですね。私が気に入らない側面、国民の皆さんはさして気になさらないようです。少し、失望しましたね。自分の事で一杯で?…。
posted by 三上和伸 at 23:08| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

終曲 たけしお笑いを語る 2019.07.20

TBSのワイドショーで、たけしは闇営業で揉めているお笑い界を、一刀両断に切り捨てました。今日、お笑いに品行方正を求めては、お笑いは駄目になると…。そして返す刀で、吉本は売れない芸人の最低保障の収入を与えるようにと…。やくざな商売の興行界、どんな相手から仕事を貰おうと、頓着しないようにと…。フライデー始めマスコミも汚いと…。マスコミ最低! もっと苛めがいのある奴を叩きなさい! 私も同感です。

posted by 三上和伸 at 23:50| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

終曲 梅雨末期の今夜、ニイニイゼミが鳴いています 2019.07.19

もう11時半になろうとしています。梅雨末期の高温多湿の夜、我が世の夏が訪れたと、喜々として、ニイニイゼミが鳴いています。未だ梅雨明け宣言は無いですが、もう既に夏、私は蝉の声で判ります。声に一際の艶と張りがあるのですよ。後一週間もすればミンミンゼミとヒグラシが鳴き始めるでしょう。そうすれば直ぐに立秋、アブラゼミやツクツクボウシも鳴き出します。日本の蝉の夏、そして蝉の初秋が訪れるのです。やがて集く秋の虫に代わるのです。
posted by 三上和伸 at 23:35| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

終曲 2020五輪会場にウミガメ産卵 2019.07.18

2020東京五輪サーフィン会場・九十九里浜の釣ヶア海岸にウミガメが産卵ですと。お目出度い?話ですが、踏み付けられぬように柵を設け、保護しています。ウミガメは産卵から2カ月で孵化し、海に脱出して行きます。暫くの間、大事に保護してあげましょう。頑張れ!絶えるなウミガメ!
posted by 三上和伸 at 23:04| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

終曲 熱狂のブラ2 2019.07.16

午前中は仕事をして、午後は老健の母を見舞って、その後に上野まで足を延ばしました。忙しい一日でした。上野、往きは雨が上がっていて楽に行けました。ドボルのチェロコンチェルトとブラ2、美しさと熱情と。ブラ2の4楽章の熱狂のダンス、久し振りに鳥肌が立ちました。今日は遅いので、詳しくはまた明日に…
posted by 三上和伸 at 23:06| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

終曲 宇宙開発のヒントは意外なところに転がっていた 2019.07.11

探査機・はやぶさ2をリュウグウの人工クレーターの一点に導く目印は、5月に投下された直径10cmの球状の着地用目印だったそうです。初代はやぶさの時の惑星・イトカワの着地に開発されたそうですが、目印を確定させた正確な位置に着地させるには、その球体が絶対に跳ねてはイケなかったそうなのです。

苦心惨憺をしながら開発をしていた小笠原雅弘さんは、娘さんのお手玉にヒントを得て、着地用の目印を開発したそうです。お手玉の跳ねない原理に着目し、中の小豆に代わる素材を厳選し、目印の中にプラスティックのビーズを詰めて、着地用目印を完成させたそうです。

お手玉の中身の小豆、古の玩具が未来の宇宙開発にヒントを与えてくれたのです。
posted by 三上和伸 at 21:58| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

終曲 熱帯雨林の宝復活へ 2019.07.08

ピアノの黒鍵、ギターの指板(フィンガーボード)、ヴィオラ属の弓、西洋楽器に欠かせないある植物が今ピンチだそうです。アジアアフリカ諸国の熱帯雨林に産するこの銘木・黒檀が、熱帯雨林の無謀な伐採により、極端に減少しているそうです。人口増加による耕作地拡張や建築資材輸出の為、熱帯雨林が消滅の危機に晒されているそうです。

今までそんな事を知らずに、無茶な増産をしてきたアメリカのギターメーカーが、ここに来て初めてこの危機を察知し、今補助金を出して、熱帯雨林の国・カメルーンで黒檀の苗木を植えさせているそうです。遅きに失したかも知れませんが、そこに微かな希望が観えてきたそうです。黒檀だけの問題ではありません。自然破壊と消費に明け暮れた前世紀、それを捨て、今世紀こそ、自然再生に力を注がなければ、ピアノ、ギター、ヴァイオリンの名器は生まれなくなります。


posted by 三上和伸 at 22:37| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

終曲 長い雨のトンネル 2019.07.05

6月26日に月を観てからもう9日が経ちます。今は月の欠片も観えませんね。7日が七夕で、9日が上弦となります。向う1週間どころか、梅雨明けは25日頃の予報が出ています。今年は正に、五月雨から水の月の面目躍如たる梅雨の季節になって仕舞いました。長い雨のトンネルを抜けたら、茹だる暑さとなりそうです。皆様、今から栄養のあるものを食べ、水を良く飲み、夏本番に対処しましょう。
posted by 三上和伸 at 23:16| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

終曲 やっぱりサニブラウン、強かったですね 2019.06.28

やっぱりハーフのサニブラウン、強かったですね。日本もアメリカ並みに、人種の坩堝と化さないと、スポーツで世界ナンバーワンにはなれないですね。アフリカ人の体躯、日本人の技術・研究心、大坂なおみを代表とするアフリカ人の父を持ち、日本人の母を持つ、これがこれからのスポーツ・トレンドですね。頑張れ!ジャパニーズ・アフリカン!

posted by 三上和伸 at 23:37| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

終曲 芸人にコンプライアンス? 2019.06.27

芸人がコンプライアンスを犯し、反社会的集団の闇営業をしたとか、問題になっていますね。哀れですね、現代の芸人は…。昔は興業の後ろ盾は反社会集団が多かったのにね…。背に腹は代えられず、反社会的闇営業をやってしまった芸人たち、芸人の待遇改善と、芸能組織の反社会的集団対策に本腰を入れるべきですね。

コンプライアンス=法令順守。英語ばっかり使っちゃって、サラリーマンはいざ知らず、職人の私達にはそんな英語を言われたってピンときませんね。頭がごちゃごちゃになっちゃいますね。シッカリとした日本語訳を創ってほしいですね。
posted by 三上和伸 at 23:14| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

終曲 雨の仕事終了 2019.06.24

厳しい雨でしたね。今日は電車バス徒歩で、一日仕事に回りました。最初の訪問は雨の中でした。従来ですと、みなとみらい線の駅から歩いていましたが、あの雨、なるべく徒歩を少なくして、バスを使いました。久しぶりで市営の8系統に乗りました。桜木町から本町を通って中華街、そして新山下へ、懐かしい旅路でした。

それにしても地震の緊急通報で、相鉄が10分以上止まったのでした。電車を使う羽目に陥ったのに、そこで地震で足止めなんて、ホント苦労をさせられました。車でしたら、何の問題もなかったのですが、こんな雨の中、ヒイバアバの面会に歩きでは可哀想だと思ったので、車を妻に譲ったのでした。偶に仏心を出すと、それがかえって仇になる。皮肉なもんでしたね。
posted by 三上和伸 at 23:57| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

終曲 北極海・グリーンランド海氷が融けてる 2019.06.21

北極海やグリーンランドの氷が過去最大規模に融けているそうです。これは正しく温暖化、北極海の白クマは40%も減っているそうです。地上の町にウロツイテいるとか。何とも危険で悲しい出来事ですね。このままでは世界の水位が上昇してしまいます。沿岸地域は住めなくなります。東京湾の0メートル地帯はどうなるのでしょうか? 難民問題が今世紀最大の危機と申しましたが、それよりも温暖化ですね。先ずは我々がエネルギーを使わずに細々と生きる事。灯火親しむでは無くて、早寝早起きが鉄則となる時代が近づいています。
posted by 三上和伸 at 23:26| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

終曲 エンゼルス大谷サイクル安打 2019.06.14

驚きましたね大谷、ホームランだけでも素晴らしいのに、サイクル安打、いとも簡単にやってのけました。これでホームラン8号、今年は打者専門、30本はいきそうですね。3割、30本、90打点、3の倍数の数字を残して欲しいですね。
posted by 三上和伸 at 22:04| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

終曲 Nちゃん、また進歩、お手紙書く 2019.06.09

Rくんの写真絵葉書に、NちゃんはRくんになりすまして、ヒイバアバに手紙文を書きました。「ぼくはこうえんのあすれちっくであそんだよ。ぼくのみじかいあしをぐーんとのばしてうえにのぼったよ。」。写真には、Rくんが公園の遊具で遊んでいる姿が写っていました。短文ですが、Nちゃんは作文を書き始めました。また少し、Nちゃんは進歩しました。少しずつでも、長い文が書けるようになると好いですね。
posted by 三上和伸 at 23:26| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

終曲 ナッチャンの祖母への季節便り 2019.06.06

ナッチャンの祖母への季節便り
きょう、老健の母を訪ねたら美しい葉書が2枚、届いていました。ナッチャンが老健の祖母に送った季節の便りでした。紫陽花に蛍袋、ナッチャンは私に負けず劣らずの花好きです。どうも花の好みも一致しているようです。私が送っても可笑しくない絵葉書、でも私より数段上手に書いてくれています。私、妻、子、孫がいて何かと母に気を掛けています。母・祖母・曾祖母、あなたは幸せなんだよ。グチを言わず、もっとしっかり生きましょう。
posted by 三上和伸 at 23:04| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

終曲 ピアニスト・宮沢明子死す 2019.05.30

マスコミ登場やデジタルピアノを使うなど、話題作りの旨い、先進的なピアニストでいらしたようです。先月の23日に、長年住んでいらしたベルギーで、亡くなられました。私は宮沢さんには興味が無く、テレビで数回お見かけしただけで、CDも1枚も持っていませんでした。それでも中村紘子さんと並ぶ、日本の伝説的なピアニストでした。ご冥福をお祈りします。

posted by 三上和伸 at 23:05| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

終曲 冥福を祈るだけ… 2019.05.28

また幼い命が散ってしまいました。交通事故、そして殺人、もうニュースを観るのも辛いですね。今、私たちに出来ることは亡くなられた子供さんの冥福を祈るだけ、不運な人生を弔い、誰でも好い、誰かが祈ってやりましょう。
posted by 三上和伸 at 21:39| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

終曲 Nちゃん小学校運動会Nちゃん赤組勝ちました 2019.05.25

横浜最高気温31度の中、Nちゃん小学校(伊勢原市)の運動会は行われました。時々生徒は教室に入り、休みを取りながらの運営で、恙無く、熱中症の生徒も出ずに、無事終わりました。Nちゃんの特筆すべきことは、ダンスの素晴らしさと男女混合の50m徒競走で2着になったこと、残念ながら幼稚園とは異なり、上には上がいて、リレー選手にはなれなかったのですが、Nちゃんの足の速さは証明されました。Nちゃんの身体的特徴は、足が細いこと、そしてバネがあること、これは駆けっこが速い人の特徴です。何時かはリレー選手に…、Nちゃん、夢は広がります。ジイジの夢も…。ダンス曲は星野源の「アイデア」で、これはNちゃんの独壇場。リズム感バッチリの快演でした。

ママと離れられないYちゃんはママベッタリ、それでもRくんは大好きなジジババベッタリ、一日私らでRくんの面倒を見ました。
posted by 三上和伸 at 23:36| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

終曲 Yちゃんの特技 2019.05.23

Yちゃん自転車乗り Yちゃんお絵描き
4歳8ヶ月のYちゃんは個性的な女の子、その心は何時も愛を求めていて、瞳が美しく輝く乙女です。子供ながらにグルメで食道楽です。お肉が特に好きで、ハンバーグには目がありません。その食事の姿は意欲的で気持ち好く、快速の食進みは惚れ惚れします。使う箸は色々ありますが、普通の箸ですと左手で使います。今流行り?のエジソン箸ですと右手で使います。利き手は左なのですが、右手でもヘッチャラです。Yちゃんは両手が利くのです。

Yちゃんの七不思議の一つ、それは右手用の鋏を左手で使えます。驚異の技能を持っています。もう一つの七不思議、Yちゃん、着ている洋服や自転車などを「お姉ちゃんのお下がりなの…、フフフ」ですって、どんな気持ちか判りませんが、自虐ネタも持ち合わせているのですね。Nちゃんに比べたら新品のプレゼントは皆無に等しいYちゃん、4か月後の誕生日を楽しみにね…

今日、撮影した自転車乗りですが、安定した走りで、難なくUターンも出来るようになっています。ここでYちゃんの一言「立ち乗りは未だ出来ないんだ」ですって…。ご覧ください美しい運転姿勢でしょ!

妻の母(つまり曽ばあちゃん)からクッキーを頂いたそうなのですが、そのお礼にお絵描きをしました。簡素な絵ですが、ボールペン・鉛筆・色鉛筆にマーカーを使って書きました。上がちゃーちゃん(義母)、下がYちゃんです。Yちゃんのお絵描き、私は大好きです。
posted by 三上和伸 at 23:34| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

終曲 私は弥生人? 2019.05.14

とある研究チームが、縄文人全遺伝子情報(ゲノム)を解析したそうです。それに依ると、縄文人の特徴としては、瞳(虹彩)が茶色(私は黒褐色)、髪の毛が細い(私は太い)、耳垢が湿っている(私は乾いている)、アルコールへの耐性が強い(私は弱い)、高脂肪食に適応した遺伝子的特徴(高炭水化物食に適応している私)を持っていることが判ったそうです。縄文人の遺伝子は、日本人の10%に受け継がれているそうです。

結果、私は縄文人の特徴は一切持っておらず、私は弥生人である事が判明?しました。
posted by 三上和伸 at 23:33| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

終曲 食い気Yちゃん、優しいお誘い 2019.05.13

今日の午後はRくんお守りのため、NちゃんYちゃんRくん家へ行きました。Kさん始めNちゃんYちゃんが歯科診断に行くそうで、Rくんの面倒を見て貰えないかと依頼があり、Rくんのお守りをしました。

初めはNちゃんYちゃんのお帰りのお迎え、Nちゃんは学校から徒歩で帰宅、Yちゃんは幼稚園バスで帰ってきました。3人はジイジが買ってきたオヤツのパンを美味しそうに食べ、Rくん一人残して、歯医者に行きました。私とRくんはジュースを買いにお散歩がてらセブンイレブンへ。歩くのが堪能になったRくん、寄り道がてらの道程を1時間余り歩き倒しました。歩き始めが遅かったRくんですが、ここに来て自由自在に歩き回れるようになりました。

テーブルにはパンが残っていました。Rくんも食べましたが、帰ってきたYちゃんが見逃す訳はありません。「食べてイイ」、ママ「歯のお薬を塗って間がないから、もう少し待ちなさい」。可哀想なYちゃん、お宝を目の前にして手も足も口も出ませんでした。

夕食になってYちゃんは美味しそうにパンを食べ、新たな夕食もおなか一杯に…。私が隣で見守っていると、麦茶を飲んでいたYちゃんが私に「飲む?」、「ジイジはコーヒーを飲んでいるから大丈夫だよ」。また暫くして「飲む?」、私「ニヤリ」、この後も何度か続いたのですよ。

自分が食い気旺盛なYちゃんですから、相手も同じように食い気があると思い、気遣えるのです。優しく可愛いYちゃんでした。
posted by 三上和伸 at 22:45| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

終曲 パソコン奪われ、歯痛 2019.05.09

パソコン必要の妻にパソコンを奪われ、しかも私は歯痛、銀が被せてある右の下顎第一小臼歯が痛み出し厳しい状態に。お陰でブログ書きができなくなり、お休み状態に。明日電話して歯医者の予約をするつもりです。日曜は義母の母の日の会食があります。まともに食べられるかどうか?甚だ疑問です。何とか直したいですね。
posted by 三上和伸 at 23:08| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

終曲 ルビー婚の思い出 Rくん泣いて笑ってバイバイ 2019.05.06

ベビーシート
これは我が車のベビー(チャイルド)シートです。最初はNちゃんが生まれた時に使いました。そしてYちゃんが使って、今は三代目のRくんの専用シートとなっています。Rくん、しばしば乗る機会があり、すっかり自分専用のものと信じて疑いません。ですからこの車が見える限り、このシートに座る拘りを持つのです。

ルビー婚の食事のあとお開きとなり、それぞれの車に乗り込もうとしていた矢先、Rくんがこの我が家の車に乗ろうとして譲りませんでした。ママに「違うでしょ!、Rくんの車はこっちでしょ!」と言われ、連れ戻そうとされた時、Rくんは泣き出しました。そこで私が「ジイジのお家に行くのかい?、パパママNちゃんYちゃんはあっちの車でお家に帰るんだよ」。どうやら理解をしたようで、ニコニコ私に抱かれて2つの専用シートを渡り替えました。私は、あの時のRくんの感触が忘れられません。私の言葉を理解したRくん、そこに信頼が生まれ、温かく優しい感触がありました。
posted by 三上和伸 at 21:06| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

終曲 今日の晩御飯 2019.05.05

今日は箱根へ自然詣。湿生花園の花巡りをしたのですがその帰り、売店で山菜のコシアブラを売っていたので買いました。タラの芽と並んでこのコシアブラは人気の高い美味しい春の山菜です。様々な料理が知られていますが、何と言っても天婦羅ですね。苦みを和らげ、山菜の香り高い風味を最大限引き出すのが油と衣の役目です。この写真、誰もがコシアブラの香りを頭に浮かべますよね。

・コシアブラ
ウコギ科ウコギ属の落葉高木。タラの芽のタラの木やウドの仲間で、当然この類は美味しいに決まっています。

・今晩の献立
来いょうの晩御飯
帰宅後、妻は一気に調理をし、コシアブラとその他の野菜で天婦羅を作ってくれました。後は途中ドライブイン鈴廣で買った練り物と烏賊の塩辛、それにワサビの粕漬で間に合わせました。

菖蒲の葉
・菖蒲の葉
東名高速中井パーキングエリアでは野菜を売っていたのでした。そこにこの菖蒲の葉がありました。今日は端午の節句で菖蒲湯の日です。妻は抜かりなく菖蒲の葉を求めました。
posted by 三上和伸 at 23:32| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

終曲 雨に濡れて… 2019.05.04

濡れた葉桜 雨に濡れた文目 名残りの桜
濡れた葉桜      雨に咲く文目     名残りの桜
身動ぎせずに雨に打たれる
雨に打たれて身動ぎもせず

午後の横浜は雷雨が襲い、雷光が走り、雷鳴が轟きました。そして激雨が乾いた大気・大地を潤しました。不謹慎な私は雷鳴の音響に鼓舞し、清冽な雨に潤いました。何て素敵な自然の息吹でしょう。私の肉体と心理は陶然とし、宙を舞い、寛いだのでした。

桜と文目に鳩も、私同様に、荒れる天を楽しんだようでした。但し私は彼らと違い、安穏な部屋の中でしたがね…。
posted by 三上和伸 at 23:12| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

終曲 元号跨ぎの雨の夜 2019.04.30

あと30分強で平成から令和へと元号が変わります。それにしても今上天皇と皇后は良くやられましたね。沖縄を始めとした激戦地への慰霊訪問、沖縄県民への温かい励まし、自民党政権の冷たさを尻目に良くやられました。さて令和の世は如何なものでしょうか。我々国民の力が試されますね。
posted by 三上和伸 at 23:35| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

終曲 NちゃんYちゃんと日本歴史偉人かるたをやりました 2019.04.29

きっと歴史に興味を持ってくれるのではないかと願い、NちゃんYちゃんとするために、以前コストコで歴史かるたを買ってみました。今日NちゃんYちゃんがやって来たので、始めました。勿論、何時もの事ですが、Nちゃんが読み手を担当しました。取るのは私とYちゃん、Yちゃんにはママとバアバのお助けマンが…。

ところが歴史好きの私が興に乗り過ぎ、武将や剣豪の切った張ったをドラマ仕立てで論じて仕舞い、NちゃんYちゃんは、恐怖を覚えたようでした。その顔真剣で、興味津々でしたが、逆に恐怖心が煽られてしまい、二人は夕食の食欲に支障をきたしてしまいました。私、猛反省をしました。御免ね、調子に乗って…。

それでも食後の本読みは6冊(グリ・グラ、ばばばーちゃんなど)もしまして、二人に好評でした。本当に本が大好きな孫達、読み手としては甲斐があります。
posted by 三上和伸 at 21:05| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

終曲 夕方以降快晴、春の大曲線、素晴らしい 2019.04.27

うしかい座のアークトゥルス おとめ座のスピカ
アークトゥルス(黄色)  スピカ(青)
今日は☂→☁→大☂→☼→★、激しく入り乱れた空模様でした。夕方、☂が止んで晴れ渡りました。☂が空気中の塵を全て洗い流したのでしょうか?、稀に観る澄み切った青空が観えました。まるで原始の空、浮浪雲も夕映えを映してピンクに染まっていました。一頻り、車を運転しつつ、フロントガラスに映る青空を楽しみました。

今、空を仰げば、漆黒の闇に春の大曲線が鮮やかに観えています。北斗七星にうしかい座・アークトゥルス、そして全天で一番美しいおとめ座の一等星スピカが瞬いています。春に稀な透明な空、春の最高の星空です。

posted by 三上和伸 at 21:55| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

終曲 母の老健の窓の新緑 2019.04.26

DSC_1617.JPG
今日は妻と共に老健の母を見舞いました。妻は早々に母の部屋で母の着替えなどを手伝います。そんな時、私は部屋を出て談話室へ行きます。そこで私を楽しませてくれるのが、窓の外の風物と景色です。今は丁度、緑が萌え出して、美しい木立が眺められるのです。そこへ可愛いシジュウカラが遊びに来ました。勿論、遊んでいるのではなく、餌を探しているのです。新緑は虫の餌、その虫は尚小鳥の大切な餌、芋虫をくわえいる様が観えました。

お見舞いに来ているのに私は一人で寸暇を楽しんでいるのです。気が引けますが、男と言うもの、老人が苦手です。同じ言葉を何度も言うし、日毎に気分の上げ下げがあります。戸惑う事が多いのです。自分の母なのに…、気まずく沈黙してしまうのです。こんな訳の分からないお喋りを男は聞けないし、喋れないのです。妻は偉大です。女性は偉大です。どんなに理屈が合わない可笑しな言葉を言われても、いとも簡単に対処し受け流しています。男と女、歳を経るに従って、その能力の違いが顕著になってきます。

posted by 三上和伸 at 22:15| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

終曲 ガソリン値上げ、平等院提訴、貝毒 2019.04.24

ここのところガソリンの価格が上昇しています。車が移動手段の我が家ではチョイと厳しいですね。148円、やはり希望価格からしたら20円ほど高いですね。130円ぐらいが無理のない値段です。上昇理由はOPECなどの減産やイランやベネズエラの政治情勢に依り、原油価格が上昇しているそうです。昨年に比べ原油価格が1バレル20ドルくらい上がっているそうです。まあ我が家はあの理由?で遠出は出来ませんので、連休も何もありません。不幸中の幸い?ですが…

平等院のジグソーパズルを無断で作った玩具会社があるそうで、平等院が告訴をしたそうです。愚かな会社ですね。まあ許可が下りなかったのかも知れませんが、違反して社名を汚さなくても良かったのにね…

普段、磯で獲れる貝には貝毒がある事が知られています。確かに、私等も過去に潮干狩りはやったものです。昔は、検査などもしてなく、勝手に磯に出掛けて獲ったものです。まあ、貝毒に当たらなかったのは運が良かっただけなのかも知れません。磯やテトラポットに付着しているムール貝などは、食べなかったですけどね。矢鱈な海での潮干狩りは注意が必要です。貝は海中のプランクトンを捕食しています。プランクトンの中には毒性の強いものがあります。そして貝はその毒を溜め込む習性があるのです。
posted by 三上和伸 at 23:22| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

終曲 旧弥生の十六夜の月 2019.04.20

2019.04.20 弥生の十六夜の月
古の暦上、十五日の宵が十五夜、次の日の十六日の宵は十六夜(いざよい)と呼びます。今月は満月が十五日でしたので、次の日の欠け始めた月を十六夜の月と呼べる機会が巡ってきました。十六夜が満月の時も多いのですからね。今年は6日あります。今年はありませんが、十七夜の月もあるのですよ。

十六夜の語源”いさよう”は古い言葉で「ぐずぐずして進みかねる」また「ためらう」の意味があります。十五夜の月と十六夜の月では、月の出が1時間ほど違い、十六夜の月の方が遅くなります。古の人々は、十五夜の月よりもぐずぐずして中々昇らない月に苛立ちを覚え、”いさよう月”として、十六夜の月と称したのです。

阿仏尼の紀行文・十六夜日記は、阿仏尼が京都から鎌倉へ旅立つ日が旧暦の十月十六日であったがために、この名称となりました。その鎌倉下向の直接の動機は実子藤原為相(ためすけ、冷泉家の祖)の財産相続に関するもので、母自らが、鎌倉幕府に訴え出たのでした。阿仏尼を始め息子の為相までもしばしば鎌倉を訪れています。歌壇の重鎮でもあった為相は鎌倉文化に影響を与え、為相の墓は鎌倉浄光明寺にあります。因みに阿仏尼の墓は、浄光明寺よりそう遠く無い、今大路の英勝寺傍の路傍にあります。鎌倉今大路散策の折、見つけるのは容易いです。
posted by 三上和伸 at 22:09| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

終曲 旧暦弥生の望・満月 2019.04.19

2019.04.19 旧暦弥生の満月(旧弥生の十五)
マスコミは平成最後の満月と煩いですが、きっと来月の旧卯月の満月も令和最初の満月と騒ぎ立てることでしょう。同じことを何遍も、ほんと恥ずかしい…。

横浜で見る弥生の満月は朧な月でした。朧とははっきりしないさま、ほのかなさま、薄く曇るさま、ぼんやり、ほんのり、朦朧などを意味します。今日の月はほんのりほのかな月ですかね。されど満月、円かな月です。美しい…。
posted by 三上和伸 at 23:01| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

終曲 春爛漫、もう直ぐ初夏E 庭木の藤 2019.04.17

フジ(藤)
山にある本来の藤は初夏の花ですが、庭に植えられている栽培の藤は、開花が早いようです。手厚く育てられていますからね。山に先駆けて逸早く咲くようです。

それにしても美しい藤色ですね。私は藤が大好きで、好く山に出掛け藤を眺めて来ます。藤は山桜と同様に大都会の郊外でもよく見掛けますよね。身近な得難い花です。我が団地の裏山にも山藤があります。今日、様子見をしてきましたが、未だ当分の間、咲きそうもありませんでした。
posted by 三上和伸 at 23:12| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

終曲 記事の訂正があります 2019.04.16

先日の4月11日付けの「我が菜園の青菜たち」の記事の写真で、ほうれん草の花を雄花と記してしまいましたが、どうやらそれは雌花であったようです。

ホウレンソウの雌花
良く観ると細く白い雌蕊(めしべ)のようなものが観えます。これは雌花の特徴のようで、間違えを正し、書き換えました。ご容赦ください。
posted by 三上和伸 at 23:02| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

終曲 東急世田谷線の車両 2019.04.15

東急世田谷線の車両
今日はNちゃんYちゃんRくん家から出勤する変則的な仕事になりました。KさんがNちゃんの学校に用事があるとの事で、妻がRくんの子守りを頼まれました。勿論、妻は車を使うのですが、女性が一人で高速道路を使って移動する事は、少しきついですね。そこで今日は私がNちゃんYちゃんRくん家まで妻を送ってその後、そこから徒歩と電車で仕事先に出たのでした。

小田急で伊勢原から豪徳寺まで行き、近所の世田谷線の山下から三軒茶屋で乗り換え、田園都市線の池尻大橋で下車し、お客様のお宅へ…。初めて乗る東急世田谷線、感激しました。赤や緑に黄色に青の車体を持つカラフルな世田谷線の車両、素敵でした。2両編成の路面電車風の電車でした。そのロースピード、少しイラつきましたがね。2両で4つの扉がありますが、両端の2ドアーが入口専用、中の2ドアーが出口専用、こんなの初めてでした。中に入ったらなるべく出口方面へ移動しなければいけないのですよ。入口からは出られませんからね…
posted by 三上和伸 at 22:37| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

終曲 KさんKくん結婚記念日おめでとう 2019.04.14

4月14日と言えば、我が次女・Kさんの結婚記念日ですね。7年前の今日、KさんはKくんと結婚しました。結婚式当日は泣かなかった私ですが、翌日ふとしたことで新婚旅行中のKさんを思い返し、我が机の椅子に座って号泣したのでした。未だ若かったKさん、掌中の珠を手放した思い込みに依り、私は少年のように大泣きをしたのでした。あれから7年、3人の孫を生んでくれ、私にジイジの喜びを与えてくれました。Kさん・Kくん有難う、結婚記念日おめでとう!
posted by 三上和伸 at 21:17| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

終曲 總持寺@ 大祖堂の報恩大授戒会 2019.04.11

昨日は約20,000歩を歩いて、仏殿の巡礼を行いました。予め予定していたのは、鶴見の總持寺、弘明寺の弘明寺観音、富岡の富岡八幡宮、金沢文庫の称名寺でしたが、何せ母の面会までしたので大幅遅れ、曹洞宗大本山の總持寺と高野山真言宗の弘明寺観音までとなりました。

巨大な大伽藍・大祖堂 授戒会の告知板 
總持寺は福井の永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山、その規模は永平寺に決して劣らない壮大なものがありました。但し、永平寺と異なっているのは、コンクリート造りの伽藍が多く、その古の古刹の佇まいはありませんでした。ガッカリでした。まあ、都会の大伽藍、致し方なかろうかとも…。

今月の十日から十七日まで、この大祖堂(開山堂と法堂を兼ねた本堂の客殿、各種の法要が行われる)で報恩大授戒会(ほうおんじゅかいえ)が行われていまして、この日もその儀式に立ち会えました。土間に観光客用の椅子が設えてあり、私たちは椅子に座って和みながらの参加となりました。行き成り雷のような大太鼓が打ち鳴らされ、驚愕の内にそれは始まりました。マイクは使っていますが、大導師(禅師)の戒(心身の過ちを犯さぬための”いましめ”)を授ける朗々たる読経(声)が圧巻であり、大伽藍に木霊し、厳かな法悦の気分にさせてくれました。好きですね読経、曹洞宗のお坊さんは上手です。


posted by 三上和伸 at 17:55| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

終曲 最低気温3.6℃(20:38) 寒かったですね 2019.04.10

季節外れの寒波、寒かったですね。現代のどの家でも暖房が完備していますから、どーってことないですが、外仕事の人は辛いですね。車も直ぐに暖房が温まらないですから、結構大変です。まあ、温まって仕舞えば天国ですがね。天国と地獄、平素の毎日にも結構ありますね。

ブラックホールの写真が写されたとか、ノーベル賞並みの偉業ですね。世界中の電波望遠鏡を駆使すると言う快挙、その視度は月に置いたゴルフボールが観えるくらいなのですって! 凄いですね。ブラックホール、銀河の要にあるそうですが、果たしてその実態は? 次第に謎が解かれていくのでしょうが…???
posted by 三上和伸 at 23:27| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

終曲 有難う桜、また会う日まで… 2019.04.07

染井吉野 山桜 大島桜
染井吉野       山桜         大島桜 
三溪園には色々な品種の桜が植えられていましたが、私が関心を示したのは以上の3つの桜でした。里桜の女王・染井吉野、日本の春山を彩る山桜、そして多くの里桜の親となった大島桜が素敵でした。日本の春を彩る日本の宝物、どんな花よりも美しい…

posted by 三上和伸 at 22:55| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

終曲 三溪園の花筏 2019.04.07

花筏
その畔に横笛庵がある沢があります。その沢は大池に注いでおり、その注ぎ口は瀞場となっており、降り注いだ桜の花弁が吹き溜まりとなり、花筏を造りあげていました。

花筏と名乗るものに、二つの異なった意味合いがあります。一つは、花が散って水面に浮かび流れるのを筏に見立てて言う言葉。もう一つは、ミズキ科の低木で、葉の上に小花を付け、これを、花を乗せた筏に見立てた植物の名としたもの。この写真は前者で、桜の花びらの吹き寄せの筏を言ったものです。櫻花の最後の美、これでお別れの有終の美、愛しいものです。
posted by 三上和伸 at 23:21| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

終曲 中国・モンゴルからの贈り物・黄砂 2019.04.06

春になると中国・モンゴルからやって来る贈り物があります。黄砂といいます。北緯40度前後の大陸奥地は降水量の少ない地域、広大な砂漠が広がっています。タクラマカン砂漠やゴビ砂漠がそうで、春になると乾燥が進み、低気圧の影響で砂が舞い上がり、偏西風に乗って、日本にやって来るのです。車のボンネットや屋根を白く染め、砂ですから塗装面を傷つけます。しかも洗濯物を汚し、最悪の場合は、呼吸器にも影響を及ぼします。PM2.5も同様で、中国は有難迷惑な贈り物をくれるのです。戦後のアホな植林事業のため、杉ばかり植えて花粉症を蔓延させた日本も愚かさではご同様ですがね…。
posted by 三上和伸 at 22:07| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

終曲 クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ 2019.04.05

DSCF0943[1].JPG DSCF0938[1].JPG
スタンウェイD型(フルコンサート)
先日の恵ちゃん・ナッチャンのリトルコンサートで、ナッチャンから演奏の合間に、簡単なピアノの説明をして欲しいと頼まれました。恵ちゃんは自分の楽器のヴァイオリンとヴィオラの説明をしまして、その後に、私がピアノの成り立ちを説明しました。

「皆さんはピアノの名の成り立ちをご存知ですか?」で始め、ピアノの名の変遷をお教えしました。ピアノは今から300年前、イタリア・フィレンツェのメディチ家の楽器管理人・バルトロメオ・クリストフォリが発明しました。それまでのチェンバロは音の強弱が出し難く、クリストフォリは強弱の効く鍵盤楽器(クラヴィーア)を作るべく研究を重ねたのでした。クリストフォリは、完成された鍵盤楽器を「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」と名付けました。小さな音から大きい音までが出る鍵盤楽器の意味があり、普通、ピアノ・エ・フォルテと呼ばれていました。ところが時代が下るに従って、「ピアノ・エ・フォルテ」の名は長すぎると言う事になったのでしょうか、ピアノ以外の全て音(言葉)が省略されて、19世紀には唯単に略語扱いとなり、「ピアノ」と呼ばれるようになりました。そんな説明をしました。皆さんには新しい知識となったようでした。

posted by 三上和伸 at 23:37| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

終曲 最愛のドイツレクイエムを最愛のブラームスに捧ぐ 2019.04.03

ブラームス・ドイツレクイエム・ジャケット
私がこの世で一番好きな音楽、何時聴いても心が安らぎ、愛の想いに満たされます。特に愛するのが第4楽章の「あなたの住いはなんと気持ちのいいことでしょう」と、ソプラノ独唱を持つ、第5楽章の「あなた方はいま悲しみを抱いている」です。何の不安も無く、音楽の流れに身を委ねています。私が最も幸せになれる瞬間です。

そんな豊かな時間を与えてくれるブラームス、私の人生の大切な出会いの一つです。最良の宝物を得たのです。ブラームス、永遠に…。心より冥福を祈ります。
posted by 三上和伸 at 22:46| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

終曲 桜道でお散歩 2019.04.02

桜道で Nちゃんとバアバに私で桜道
曽バアバ面会の後、YちゃんとRくんは車の中でネンネ、お家に帰っても起きずにそのままお布団行き、仕方なくNちゃんKさんバアバと私でお昼御飯、パン焼き機に仕掛けて置いたブトウパンで美味しく頂きました。お食事中、昔、Nちゃんが3か月の赤ちゃんだった頃のお話を皆でして、丁度その頃は桜が満開で、この桜道をお散歩した事を懐かしく思い返しました。そこで6年後の今、再びNちゃんと6年振りの散歩をしようと、Nちゃんとバアバと私で、桜道の散歩に出掛けました。生後3か月だったNちゃんは記憶の外ですし、バアバは、当日はお留守番でした。私一人が強い記憶を持っており、懐かしみ、心震わせ、歩きました。あのKさんに抱かれた幼気のNちゃんが、こんなに大きくなってバアバと歩いています。感無量でした。
posted by 三上和伸 at 23:38| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

終曲 令和、チョイと上から目線かな… 2019.04.01

新元号が決まりました。「令和」、そこで漢字・令の意味を調べてみました。

字音はレイ(漢読み)、リョウ(呉読み)。

字義は@命ずる、いいつける、法令などを発布する
   Aみことのり、君主の命令
   Bのり、おきて、法令、布告書、律令
   Cいましめ、おしえ、教訓
   Dおさ、長官
   Eよい、りっぱな、すぐれた
   等
上から目線の意味が多いですね。令、余り好い字ではありませんね。憲法改正を狙っているような。まあ、嗤い話になれば面白いのですけれど… 

posted by 三上和伸 at 22:03| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

終曲 夜桜ライトアップ 2019.03.31

夜桜ライトアップ
発表会打ち上げで立ち寄ったレストランには桜が植えられていました。夜でしたので、庭園ライトに夜桜が映えて、綺麗でした。恵ちゃん・ナッチャンと妻と私、幸せな晩餐となりました。晩餐は生徒さんの奮闘の話題で持ち切りとなりました。Nちゃんも見事な演奏を果たし、お客様を唸らせました。特に、ナッチャン先生と連弾をしたアントン・ディアベリのスケルツォは素敵で、拍手喝采が起こりました。お辞儀も可愛かったです。
posted by 三上和伸 at 23:24| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

終曲 白虎隊御朱印、早くせよと馬鹿な客 2019.03.30 

白虎隊御朱印を書いている女性が客に「早くせよ!」とクレームを付けられて、もう御朱印を書かないそうです。真に残念な事です。数年前に私共も飯盛山の白虎隊のお墓に詣で、御朱印を頂きました。私は全く憶えていませんが、妻が良く憶えていて、空かさず御朱印帳を捲り、その白虎隊御朱印を見せてくれました。達筆な筆字、美しい御朱印でした。こう言うものはせっかちは駄目、ゆったりと待って頂くもの。静かな心持で頂くものです。下手な流行に乗らず、意味も知らない御朱印などは集めなさんな!

御朱印は寺で写経等をした証に頂く印だそうです。手間暇掛けて頂くものです。拙速に手に入れるものではありません。
posted by 三上和伸 at 23:56| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

終曲 明日は花見 2019.03.26

3月26日の染井吉野
今朝は☂、午後も大分経ってから漸く陽が出ました。最低気温が高く、最高気温は低かった、メリハリのない一日でした。桜もグズグズとした開き具合、それでも5分咲き位になりましたかね。

明日は仕事も母見舞いも断ち切って花見に出掛けます。目指すは東京の上野、谷中、六義園。桜並木と六義園の大枝垂れを観ようと思っています。天気は良さそうです。フフフ、楽しみです。

posted by 三上和伸 at 23:58| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

終曲 北鎌倉儀平のうすかわ饅頭 2019.03.25

うすかわ饅頭 北鎌倉儀平のうすかわ饅頭
今日の仕事は北鎌倉から徒歩で行ける仕事。横須賀線に乗り、行って来ました。恙なく仕事が終わり、春めく北鎌倉を散歩、そして電車に乗る前に駅前の和菓子店儀平に立ち寄りました。名物のうすかわ饅頭を買って帰りました。

儀平は和歌山県串本のお店から始まった和菓子店、北鎌倉にもお店を出しました。うすかわ饅頭は串本の景勝地・橋杭岩をイメージしたお菓子だそうです。甘さ控えめの柔らかい口当たりの和菓子、美味しいです。
posted by 三上和伸 at 23:27| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

終曲 ドラマ「剣客商売・父と子」の三冬役・大路恵美が愛しい 2019.03.24

先日テレビ放映された池波正太郎の時代小説「剣客商売」をドラマ化した「父と子」が忘れられず、何時までも私の心を温め続けています。勿論、主役の秋山小兵衛は藤田まことで、その子大治郎は渡部篤郎、小兵衛の若き妻・おはるが小林綾子で、田沼意次の隠し子・三冬を大好きな女優・大路恵美(おおじめぐみ)が演じていました。

勿論、私が言わんとしている心を温め続けた張本人は三冬の大路恵美でした。女だてらの剣客を装い、向かうところ敵無しなのですが、ある日、画策に会い、数人の浪人の群れに襲われ危機を迎えたところ、藤田の秋山小兵衛に助けられたのでした。

自分より強い男に憧れ、その男となら婚姻を結んでも良いと考えていた三冬は、秋山小兵衛にぞっこんとなり、小兵衛を訪ねては、若き妻・おはるの顰蹙(ひんしゅく)を買い、おはるに「私は旦那様とお腹もくっつけた仲だよ」と聞くも恥ずかしい卑猥な言動をさせるに至らせました。

この時の三冬・大路恵美の秋山小兵衛への思慕の表情、何とも初々しい恥じらいの笑み、それが私の心に突き刺さり、以来ふとした折にそれが現れ、私を温め続けていました。これが江戸の娘の立ち振る舞い、遠き昔に置き忘れた青春の残像、私は未だに大路・三冬を忘れられません。




posted by 三上和伸 at 21:07| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

終曲 我が祖先へ合掌 2019.03.23

DSC_1388.JPG
寺に賽銭をし、線香を買って、ポンプ式の釣瓶で井戸水を参拝バケツに汲みました。そして墓地の細道を辿り墓の前に…。横須賀に住む弟に依り、墓の掃除は済まされ、花が捧げられてありました。行き付けの花やで、百合の花を2本買い、花で埋まった花台にそっとその百合を添えました。線香を焚き合掌、静かに先祖を悼み、冥福を祈りました。そこで私は、生ある我が身の幸を感謝しました。
posted by 三上和伸 at 22:11| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

終曲 東京横浜桜開花 2019.03.21

東京と横浜の染井吉野の標本木が、今日5輪以上の花を付け、東京横浜は桜の開花発表をしました。我が庭の標本木?も十数輪花を綻ばせ、開花確認が出来ました。満開は28日以降で、30〜31日が花見の絶好日となるでしょう。NちゃんYちゃんRくんも花見がてら我が家にお泊りに来るそうです。その節には曽バアバのお見舞いも兼ねてくれるそうです。

今日は最初雨で、義父のお墓参りがどうなるか気を揉ませましたが、昼過ぎには好く晴れて、恙なくお墓参りが出来ました。義母に義姉夫婦、ナッチャンにMちゃん、そして私達夫婦、和気あいあい、義父の墓に詣でられました。
posted by 三上和伸 at 23:10| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

終曲 春ですねE 椿に木瓜 2019.03.20

ヤブツバキ ボケ 
梅や桜は誰にでもその良さが判る一般向けの花木ですが、椿や木瓜は少々知識の用する大人向けの花木と言えます。その良さが判るのは大人の証拠、その確かな存在感は風流を極めた人にしか判らないでしょう。艶やかさの中に微かな渋さが感じられます。簡単に愛せない本物の奥行きがあります。感性だけでない、理解が必要な花達です。


posted by 三上和伸 at 23:16| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

終曲 母落ち着きました。確定申告行って来ました 2019.03.08

今日は午前中にナッチャンと二人で母の養老院へ行きました。これはズバリ当たりました。ナッチャンが、嘗て回転寿司に行った母と私の写真や、ナッチャンKさんの結婚式の集合写真などを額に入れてプレゼントしました。これには母は大喜びで、明るい笑顔を魅せました。昨夜の暗い母の顔、それが嘘のように明るくなった今朝の顔、流石にナッチャンは子供扱い等で慣れています。素晴らしい特技を発揮してくれました。

みなとみらい快晴の空
日石ホール入口陸橋より
午後は妻と連れ立って確定申告に桜木町まで…。晴れた空にみなとみらいが鮮やかでした。確定申告も終え、今はホッと一息の晴れ晴れ笑顔、快晴の空の心境です。
posted by 三上和伸 at 23:24| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

終曲 このまま明日も☂… 2019.03.06

いゃ〜、雨ばかりの春になりましたね。明日も昼前後を除いて☂、ホント嫌になっちゃいますね。明日は母の横須賀の病院から横浜の老人ホームへの引っ越しの日です。引っ越し位晴れた空の下でやりたかったですね。

愈々、母の横浜での生活が始まります。しかも老人ホームでの寝起きの下で…。明後日明々後日はナッチャンが母を訪ねてくれるそうです。皆で母を盛り立てましょう。きっと母は幸福になれます。
posted by 三上和伸 at 23:06| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

終曲 母引っ越しの手続きして来ました 2019.03.05

母の引っ越しの手続きと母の預金の引き出しの為、横須賀に向かいました。先ず最初は横須賀市役所を訪れました。

引っ越しとは面倒な事ですね。住所変更に伴って、健康保険や介護保険なども移動せざるを得ないのですね。技術職人の私の欠点であるこうした書類に関する事務能力の欠如はお恥ずかしい限りで、妻無しでは何も出来ない唯の木偶坊(でくのぼう)に過ぎない事を身をもって痛感したのです。人間の一般常識は欠くべからざるものですね。社会人として学ぶべきものが沢山あるのですね。トホホホ…、私、技術職人として、技術だけに精を出してきた訳で、ホント社会人失格です。

次に、母から預かった預金通帳と判子を持って、預金の引き出しの為、銀行を訪ねました。ところが、私が実子である事は証明できても、すぐその場で預金の引き出しは出来ないのですね。母本人が出願したり、確たる委任状が無いと預金は引き出せないと言われてしまいました。立って歩く事も出来ない母がこの場に来られる筈はありません。さて、どうする! 女性銀行員が仰るには、「お母様の承認の声が聞きたいです。電話で好いですからそれをやって頂きませんか?」。仕方なく私達は銀行を後にして、母の入院先の病院に向かいました。

看護士の了承を得て、銀行の女行員さんに電話をかけ、母にスマートフォンを渡し、今回の預金引き出しは母の意志である事を納得してもらいました。勢い踵を返し再び銀行へ舞い戻り、預金の全額を引き出し、別の口座に入金しました。やっとの事で今日の責務は完遂出来ました。

疲れました、帰り掛けにコストコにでも寄ろうと考えていましたが、もう何もする気は置きませんでした。一直線に横横道路に乗り、我が家へ戻りました。

posted by 三上和伸 at 21:23| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

終曲 カラス、蛇口を捻る 2019.03.04

驚くべきカラスが現れたものです。嘗て私が通勤に利用して通っていた弘明寺公園にそれは現れました。何と自らの嘴で蛇口を回して水を飲むカラス。飲む時は少し回してチョボチョボの低い水、水浴びの時は大いに回してジャブジャブの雨霰の水、正に使い分けて見事に用を足しています。メスのハシボソガラスだそうですが、どんなカラスにもできる芸当では無いそうで、このカラスが特異な能力をもっているのだそうです。黒く狡賢いカラス、私は余り好きではありませんが、カラスには面白い未来が広がっているようです。恐るべしカラス!
posted by 三上和伸 at 22:23| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする