2017年07月07日

一日の初めに…梅雨の晴れ間?それとも梅雨明? 2017.07.07

今日は新暦で七夕ですね。半夏生も過ぎて小暑の七夕、もう梅雨明けであっても少しも可笑しくないですがね。しかしそれは中部関東以北、衛星画像では梅雨前線の北は綺麗な晴れの区域が見えています。皮肉な気象状況になっていますね。九州の線状降水帯の局地的な豪雨、恐ろしい気象現象が起こる時代になりました。明日は我が身、復旧に力を貸しましょう。そして地球温暖化のシャットアウトを…。本気で対処しなければ明日はありませんね。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 09:01| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

雑記帳…バナナの長持ち法 2017.06.27

果物は好きですが、そうそう年中食べたくなる大好物ではないので、傷ませて仕方なく不味なものを食べる羽目になりますね。特にバナナは傷み易いので、コストコなどで買う一束8本位のものは、最後の2〜3本を黒く変色した気味の悪い状態で食べる事が多くなります。何とかならないものかと思う程に…

そこで何と今日、ヤフーニュースの人気記事に載っていたバナナの長持ちさせる方法に我が意を得たりでしたので、ここに報告致します。皆様も試してみてくださいまし…

1、果柄部をラップで包んでおく。水分の散逸を防ぐ。
2、ばらして1本1本にし、50℃のお湯に浸して5分待つ、取り出して良く水分を拭きとってから、1本1本をラップで包む。バナナの蘇生力がアップするそうです。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 21:43| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

雑記帳…大倉農家の植物達 2017.05.20

ジャガイモの花 葱坊主 農家軒先の苺
ジャガイモの花    葱坊主          苺
苗植え付けをした畑のすぐ脇に薄紫のナス科の植物の花が咲いていました。帰宅して図鑑で調べたらジャガイモの花と判明しました。ジャガイモの花は茄子とそっくりですが、茄子と違って房咲きになるのですね。

葱か玉葱か確かめませんでしたが、葱坊主(葱の花)がありました。群れており、中々の風情がありました。葱坊主って食べられるのですって…。ご存知でしたか?

自家野菜売り場の農家の軒先に苺が熟れていました。地べたに這いずっておりましたが、深紅で綺麗でした。美味しそう…。

柏葉
柏葉
やはり農家の庭に柏の木が一本植わっていました。新緑の柏葉、ここの農家は恐らく柏餅をご自分で作られるのかも知れませんね。葉の緑が萌えていました。

続きを読む
posted by 三上和伸 at 10:46| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

花の言葉…鎌倉文学館の薔薇、色の誘惑 2017.05.17

薔薇の鎌倉文学館
鎌倉文学館と薔薇の花園
この空間に立ち入れば芳香で咽びます。正に気高き香りのシャワーです。ウットリと夢見心地になります。幸せに酔い痴れます。

薔薇と森
薔薇と森
ここは森に抱かれたお伽の国の花園です。きっと近くには茨姫(眠り姫)が眠っている事でしょう。会いたいな〜川口春奈のようなお姫様に…

立薔薇桜色
立薔薇桜色
こんな可愛いお姫様かもしれない? 桜色のお姫様、花言葉は「誇り」です。

立薔薇白
立薔薇白
イイやこんな清らかなお方かも知れない。花言葉は純粋。

立薔薇丹色?
立薔薇オレンジ
これは名前を憶えています。そう「カトリーヌ・ドヌーブ」、パリ出身の女優です。色はオレンジですかね? 花言葉は無邪気。

立薔薇深紅
立薔薇深紅
薔薇の中では最も濃厚な色です。これぞ薔薇と言えるのではないですかね。花言葉は「永遠の愛」。

立薔薇ピンク
立薔薇ローズピンク
一際華やいだ色がこのローズピンクですね。誰もが特に女の子が大好きな色です。我がN・Yちゃんも大好きです。花言葉は「可愛い女」。

蔓薔薇白
蔓薔薇白
一角が蔓薔薇のアーチに仕立ててありました。白、チョイと地味でしたね。花言葉は「無邪気・愛」。

DSCF5435[2].JPG
立薔薇緋色(スカーレット)
何ともエロティックな色ですね。あの「風と共の去りぬ」のスカーレット・オハラのスカーレットです。分かりますね、花言葉は「情事」です。

五弁立薔薇緋色
五弁立薔薇緋色
やはり情事の香りがするスカーレット色です。でも一重です。好いですね、「一途な思い」…。

五弁立薔薇薄紅
五弁立薔薇桜色
私は重たい八重咲より風に靡く一重が好きです。まあ野草好きですから当然ですね。余分なものは要らない、そのシンプルが好いですね。「誇り高い」桜色です。

立薔薇
立薔薇混色
個性的な花ですね。一代交配のハイブリッドです。ハーフは遺伝学的に優れた素材なのですってね。ですから花言葉は「優秀」と致しましょう。

続きを読む
posted by 三上和伸 at 22:06| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

雑記帳…秋篠宮眞子さまご婚約おめでとうございます 2017.05.16

地味ながら美しい皇女秋篠宮眞子さまがご婚約なされました。お相手は嘗て通われた国際基督教大学の同級生の小室圭さんだそうです。誠、羨ましいですね小室さん、私は皇女の方々の中で眞子さまが一番の好みでした。まさかこんなに早急なご縁談話、正直驚きました。晩生(おくて)のご様子でしたが、見合いに頼らず、恋愛と言う為すべきことはチャンとおやりのようでした。素晴らしい…。

キリリとしていながらも何処か慎ましやかなご風情、少し恥ずかしがりの傾向が目に見えます。こんな初心な女性、そうそうおられるものではありません。スター然とした妹君佳子さまとは対照的なキャラクターをお持ちでいらっしゃいます。好ましいお方眞子さま、どうかお幸せに…。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 21:43| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

雑記帳…石西礁湖サンゴ産卵 2017.05.15

70%のサンゴが死滅したと言われる日本最大のサンゴ礁群・石西礁湖(せきせいしょうこ)、それでもその生き残ったサンゴ達が数日前から産卵を始めたそうです。サンゴ死滅の原因は海水温上昇、温暖化の影響と思われ、昨年の沖縄近海は高気圧が居座り、高温が続いていました。あのグレートバリアリーフにしても大きな被害を出している海水温の高温化、トランプが地球温暖化は未知数と述べているような世界情勢、珊瑚にとっては厳しい時代になりました。ホーキング博士が言っていましたよね。「人類は地球を捨て、新しい星に移住しなくてはならない。何故なら地球高温化で人類が地球に住めなくなるから…」。珊瑚の最期は人類の最期?

だからこそ余計に、今回の石西礁湖のサンゴ産卵は明るいニュースですね。温暖化を食い止め、碧い海に白い砂の珊瑚礁を増やしたいですね。蝶々魚や縦縞巾着鯛、隠れクマノミが浮遊する海、好いですね!

*石西礁湖=沖縄先島諸島の八重山列島にある石垣島と西表島の間にある浅い珊瑚礁の海域、日本一大きな珊瑚礁と言われている。干潮時には島が現れ、そこまで歩いて渡れるそう…
続きを読む
posted by 三上和伸 at 18:39| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

一日の初めに…雨、心配ですね 2017.05.13

西日本・東日本は大雨に警戒した方が良いと予報で言っています。我が横浜も僅かな小雨が降り出しています。降り出しは速かったのか、アスファルトの道は既に濡れています。

白鳥崋 ハクチョウゲ
今し方ゴミ出しをして来ましたが、庭の花は今ハクチョウゲが盛りを迎えつつあるようです。この花は開くと白色となり、白鳥崋(白丁崋、白い丁字型の花の意味)そのものとなりますが、御覧のように蕾は紅が差しています。遠目に全体を観れば、仄かな薄紅に観えます。可愛い花です。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:14| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

一日の初めに… 寒い!桜なんて咲けません! 2017.03.26

先日何処かの気象予報士が言っていました。今年の3月の最高気温は20℃を越えた日が無いと…。今朝の最低気温は、7時50分の4.7℃です。因みに最高気温予想は、11℃。真冬並みの寒さですね。これでは桜は咲けません。満開は遠のくばかりですね。

さあ、極寒の雨の日、外に出てはイケません。暖房機全開のお部屋でカウチポテトをしまひょ! 
続きを読む
posted by 三上和伸 at 09:09| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

一日の初めに… 積雪の朝 2017.02.11

我が町・雪景色
南岸低気圧影響下の降雪では無く、大陸の季節風の所為での積雪、関東地方では極めて珍しい現象でした。関東地方の周辺は日本アルプスを始めとした高山が防護壁となり日本海の雪雲がブロックされ、越境しないのですが、どうやら弱い低気圧が発生したようで、積雪がありました。但し、積雪はあったのですが、それは私の住まいの周辺で、気象台がある中区山手には積雪はなかったようですね。降水量は1mmでしたが、積雪深は0cmでした。私も関内で仕事をしていましたが、雪は舞っていましたが、地面は濡れているだけでした。相鉄で西に進むほど芝地などが白く染まって来まして、「アッー!積もってる!、驚きだな〜」としばし呆れて下車後、震えながらバスを待ちました。

ところで、NちゃんYちゃんパパのK君がインフルエンザ、これは困った事になりました。ママのKさんはNちゃんYちゃんを遊んでやれず持て余し気味、ですから今日一日、NちゃんYちゃんを連れ出して、ジジババが遊ぶのです。丁度我が家ではナッチャンお雛様を出しましたのですよ。NちゃんYちゃんKさんのお雛様は親王飾り、ナッチャンのは七段飾り、特にNちゃんは大勢が揃っているこのナッチャンお雛様が大好きなのですね…。

NちゃんYちゃん、もう直ぐだよ待っててネ!
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:10| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

一日の終わりに… 今年の花粉飛散、去年の4.4倍だとか… 2017.01.30

花粉症とまでは自覚は無いものの、花粉に輪を掛けたような恐ろしい黄砂やPM2.5などの厄介なものは嫌ですよね。春間近、そんな嫌な招かざる客の季節を目の前にしています。

私もダストのアレルギー体質で、目の腫れやクシャミ・咳の頻発、大変苦労をしています。ホント人前のクシャミや咳は、インフルエンザを疑われ、お互いが嫌な雰囲気となりますね。目薬とベポラッヴは私の必需品です。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 00:04| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

私の歳時記 今日は初地蔵 2017.01.24

毎月の二十四日は、お地蔵さん地蔵菩薩の縁日です。正月二十四日は初地蔵、一年の初めの地蔵菩薩の縁日となります。巣鴨とげぬき地蔵尊では、大祭が行われます。恐らく今日一日は爺さん婆さんを始めとして、多くの人で賑わった事でしょう。

私にはお地蔵様の思い出があります。以前に申したかも知れませんが、私には水子の姉弟がありました。薄い記憶ながらも私は母に連れられて、度々我が町にあるお地蔵様を拝みました。何故そうするのか解らないまでも、母と一緒に拝んだものでした。今、その敬虔な母の姿を思い起こす事ができます。

地蔵菩薩とは、サンスクリット語で、”クシティガルバ”と言い、クシティは大地を、ガルバは胎内及び子宮を表す言葉だそうです。意訳すれば地蔵となり、地蔵菩薩となります。大地が全ての命を産み育むのと共に、苦悩する人々を慈悲の心で救うところから、そう名付けられてとされています。民間信仰では「子供の守り神」として信じられており、子供の喜ぶ菓子などが供えられて、多くの信者がありました。

きっと母は、亡き姉弟の御霊と私の命の無事を祈っていたのだと思います。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 22:07| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

一日の終わりに… Xmasイブ、美味しい米詰めチキンと苺のケーキ、幸せ… 2016.12.24

今日は我が家でクリスマスイヴ、プレゼントは無かったのですが、妻作美味しいライス詰めチキン丸焼きとストロベリーショートケーキでお祝いしました。クリスチャンでもないのにお祝い、可笑しなことですが、お祭りとして心得ましょう。暮れの一時、楽しい思い出を残しましょう…と雖も…、一人クリスマスの方が3割いらっしゃるそうです。私もその昔、一人では無かったのですが、父母兄弟クリスマスでした。皆さん、努力して来年👹こそ二人Xmasと行きましょう。簡単です、惚れたら、声を掛けましょう。振られたら潔く諦めまして次を探しましょう。10発弾けば1発は当たります。諦めずに次から次へと行きましょう。決してストーカーにならないように、優しく自由に、心して恋をしましょう。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:51| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

私の歳時記 今日は大雪の末候七十二候の鱖魚群、中国版は茘挻出 2016.12.16

大雪の末候の七十二候の第63番は、日本版は、鱖魚群(さけのうおむらがる)です。意味は鮭が群がり川を上るです。この時期は鮭が群れを成し、産まれた川に遡り、産卵をする訳です。正にサケ漁は、この季節の風物詩であり、石狩鍋、チャンチャン焼き、イクラや筋子などの鮭料理を味わう食味の優れた季節でもあります。私はチャンチャン焼きが好みです。

中国版は茘挻出(レイセンシュツ)、意味は大韮が目を出し始めるです。大韮とは大体は、ラッキョウの事を指すようです。またニンニクと言う説もあります。ユリ科ネギ属を指すようです。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 00:18| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

間奏曲… 漸く雨は上がりました、霜月の満月、観られるでしょう? 2016.12.14

2016.12.14 夕方の東空
居残りの雲がありますが、大分隙間が広がり、青空が覗いています。好い調子で雲が割れてきました。ここまで雲が退いてくれれば、念願の霜月の望月が望めるでしょう。雨は降りましたが、まずまずの回復ぶりを見せてくれました。

2016.12.14 霜月の満月
観られました、霜月の望月。それでも満月の到達時間は9時6分、ですからもう既に満月になって9時間以上経っているのですね。それでも満月は満月、素晴らしい月です。


続きを読む
posted by 三上和伸 at 18:24| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

雑記帳… 今の私のお気に入り… 2016.11.05

一番のお気に入り
1959年録音のカール・ベーム指揮ベルリンフィルのブラームスの第1交響曲、NちゃんYちゃんから貰ったディズニーのはちみつキャンディー

先日のNちゃんYちゃんの家訪問の折、頂いたディズニーのはちみつキャンデー、とても美味しいもので気に入りました。折々で舐めています。喉に優しいですね。NちゃんYちゃんはハロウィンでディズニーランドに行ったのですよ!

そして昨日の仕事の隙間を利用して、CD屋に立ち寄りました。最近はクラシックの盤が減りつつあるのですが、掘り出し物はないかと覗いてみました。

ありました、ベーム・ベルリンフィルの古い盤が。1959年10月録音のブラ1で、ベームは後にウィーンフィル盤を出しましたが、こちらはやや老衰気味、これは元気バリバリの壮年期のベルリンでの録音で、非常に聴いてみたくなりました。早速¥1,700を出して買いましたのですよ。

それは予め想像したかのような演奏でした。速度速く(全曲43分、速い)、インテンポ(速度の上げ下げをしない正確な演奏)で、端麗なる古典的演奏、しかし力強く熱き熱情と柔らかい情感がロマンを際立たせます。私が考察するほぼ理想的なブラームスを表現していました。あのカルロス・クライバーに通じるリアルで力感溢れる演奏でした。もう既に私のお気に入り、これから長く楽しめるでしょう。

続きを読む
posted by 三上和伸 at 11:17| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

一日の初めに… 平幹二朗さん急死、三匹の侍が懐かしい… 2016.10.24

平幹二朗さんと言えば、数々の栄誉ある役柄を演じた人ですが、私としては何としても、テレビ時代劇の三匹の侍が印象に残っています。丹波哲郎、長門勇と三匹を演じた平さん、確か役名は、桔梗鋭之介と称していたようでした。華麗なる着流し姿で謎めいた美剣士を演じて、女色の際どい風情を醸していましたね。懐かしいですね。

独り暮らしで、入浴中の死、私の叔母もそうでしたが、高齢での一人風呂、危ないですね。低血圧に陥り、失神をしてしまい、溺れてしまうのだそうです。平さんの場合は致し方なかったのかも知れませんがね。82歳にして現役バリバリの役者で、一人暮らしだったそうでしたからね。ご冥福を祈ります。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:21| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

一日の初めに… 本格秋雨前線日本を覆う、今日は大雨 2016.10.09

雨足の強い大粒に雨が降り頻っています。南シナ海の台風19号に接続した秋雨前線が日本を覆い尽しており、水蒸気供給量は半端ないですからね。今日は本格的に雨の模様です。南洋のミクロネシア辺りにも台風20号がいて、日本列島を覗っています。

雨の朝、大方の人は不愉快となるでしょうが、風邪っぴきの私はさほど不愉快ではありませんね。と言うよりは、安静を保って静に静養しないとイケませんよね。一々天候でイライラしても何も良い事なんかありませんものね… 今日一日静かにしています。元気な皆様はご活躍ください。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:50| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

雑記帳 珊瑚礁白化に続いてカブトガニ大量死、🌀10号増幅の元凶、30℃超えの海水温 2016.08.25

2〜3日前のネットニュースで、瀬戸内海の曽根干潟(北九州市)に生息する、カブトガニが大量死した話題を知りました。カブトガニは天然記念物にして絶滅危惧種、しかも医学的に重要な生物で、人間の役にも足っている生物です。

その大量死の原因は、確かな事は不明だそうですが、考えられる点は、海水温の高温化、それに伴う酸素不足が推定されるそうです。

先日にお知らせした珊瑚礁の白骨化と同様に、気圧配置の高気圧固定化により、西日本から沖縄にかけての海上は高温が続いています。従って日本の貴重な宝が危険に脅かされ、傷つけられようとしています。

しかも、台風10号にエネルギーを大量供給しており、945hpsで、最大瞬間風速60m/Sの巨大勢力の台風を作り上げてしまいました。最悪の場合は920hpaまで気圧を下げようと、虎視眈々と狙いを定めています。

地球温暖化、否地球高温化、恐ろしい…、珊瑚もカブトガニも、日本にはいなくなる!


続きを読む
posted by 三上和伸 at 20:30| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

新・食べ歩き…バースデイディナー、北欧料理・スカンディヤ 2016.08.17

私と妻の誕生日を祝って、お気に入りの北欧レストラン・スカンディヤで晩餐を楽しみました。昔と変わらないバイキング由来の料理、肉と魚のオンパレード、濃厚な旨味が舌を唸らせました。

店には無いので、駐車場は大桟橋を使いました。スカンディヤまで、大桟橋、象の鼻桟橋、文明開化の旧横浜港を漫ろ歩きました。そう、スカンディヤはここから目と鼻の先、横浜港の景色を堪能して、レストランの扉を開きました。

横浜港の景色を2~3紹介しましょう。

横浜税関(クィーン)
中央が横浜税関、横浜三塔の一つのクィーンです。三塔の内では最も優美な姿、正にクィーンとは言い得て妙です。

神奈川県庁(キング)
象の鼻桟橋の中はヨットハーバーと化したのですね。沢山のクルーザーが所狭しと係留されていました。中央に望む塔が神奈川県庁のキング、神奈川県の心臓部です。

みなとみらい
みなとみらい遠景、ランドマークタワー、クィーンズスクエア、観覧車、パシフィコ横浜、インターコンチネンタルホテルなどが並んでいます。横浜の新しい名所ですね。

象の鼻広場を進むと直ぐに開港広場の交差点があります。変則的な十字路?で、チョイと戸惑いますが、その傍らにスカンディヤがあります。小さなビルの1・2階がスカンディヤです。

北欧料理スカンディヤ
ここの2階が、今晩の晩餐の宴場所、ディナー専用のダイニングだそうです。因みに1階は軽食用となっています。上階と違って、非常にリーズナブル(低廉)な食事ができます。

人魚姫象
彼のコペンハーゲンにある人魚姫を模したブロンズ像、これがこのレストランの象徴です。横文字が苦手な年配者にも、スカンディヤがここだと確信できますね。

北欧のチーズとパン
チーズと黒パン
濃厚なチーズを黒パンの酸味が緩和させ、美味しいハーモニーを奏でます。

前菜
前菜5品
デンマークキャビアを始めエスカルゴにスモークサーモン、ニシンの酢漬けに牛肉のタルタルなど。

メイン料理
メインの5品
ビーフのステーキ、同じく肉団子、カレー風味のカツレツに海老のソテーと海老のサラダ。

サラダもありましたが、肉と魚介で溢れています。一年で唯一の大切な時間、ならば濃厚なグルメに酔い痴れましょう。

前菜・メイン共に二人前ずつ並べています。他にパンとデザートに喫茶が付きます。

続きを読む
posted by 三上和伸 at 09:42| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

雑記帳 関東で地震、我が地横浜市旭区は震度3 2016.07.17

先程の13:24に関東地方で地震がありました。震源は茨城県南部(緯度:36.1度、東経:139.9度の地点)で、M5.0で震度4の規模と揺れ具合、私の町では震度3を記録したそうです。

日曜日の午後、ノンビリとテレビを観ていたのですが、突然の揺れ、驚きましたね。観ていたテレビは録画のようで、画面に揺れは無く、レギュラーの元イモ欽トリオの山口良一が害鳥:ムクドリの話題を伝えていました。当然地震など関わりのない普段の顔で、熱心にリポートをしていました。

それから暫くのちに、地震情報のテロップが現れ、大地震でない事が判りました。ヤレヤレと落ち着いてテレビの続きを楽しみました。

ムクドリの都市被害の話の中で、興味深い対処法が紹介されていました。その一つが、何と猛禽の鷹を使って撃退するやり方で、そこには勇猛果敢な一羽の鷹が、一気にムクドリやカラスを蹂躙する映像が映っていました。特にカラスを秒殺する姿は戦慄を覚えるほどの凄さで、カラスを退治して戻って来た鷹に餌をやる鷹匠の「ナイスキャッチ!、良くやった!、良くやった!」の褒める言葉が印象的でした。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 14:45| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

雑記帳 熱中症、2,847人搬送、死者6人 2016.07.05

驚くべき数字が総務省消防庁から発表されました。06.27〜07.03までの一週間に、熱中症で搬送された人が2,847人に及ぶそうで、その内6人の方々が亡くなられたそうです。まだ暑さに順応していない体に突然の猛暑日、この気候ストレス、本当に危険が背中合わせに存在しています。油断大敵明日は我が身、塩分糖分入りのレモネード(昆布茶、塩かけ西瓜、梅干茶、お茶に塩飴)を飲んで、休息して涼を摂る、昼寝夕寝の実践と夜は汗を掻かないように安眠をします。弱冷房室が好いですね。あと二ヶ月、頑張りましょう!
続きを読む
posted by 三上和伸 at 20:29| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

一日の初めに… イチロー選手は哲学者? 201606.17

昨日の新記録達成を受けて、イチロー選手の記者会見がありました。イチロー選手は能弁に語ると言う風情では無く、考えながらポツポツと言葉を発していました。まるで哲学者のように、意味深長に…

子供の頃より、自分が馬鹿にされ、嗤われてきた事を達成して来たそうです。プロ野球を目指した幼少の頃の世間の嘲笑、メジャーリーグで首位打者を取りたいと言った時のメディアの冷笑、イチロー選手は、その悔しい気持ちを糧にして努力を重ねたそうです。

そして自分の記録は人格者の選手に抜いて欲しいと付け加えていました。時として賭博や薬物が蔓延する野球界・スポーツ界、スポーツ選手こそ人格者であって欲しいと…、イチロー選手はそれを強く願っているのだと…、私は理解しました。


続きを読む
posted by 三上和伸 at 09:34| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

雑記帳… 不倫は文化? 201606.13

最近は芸能人の不倫に纏わるゴシップ(有名人の私生活に関する噂話)が後を絶ちません。不倫は文化と宣ったタレントもいるようですが、最近の不倫芸能人は、文化と言えるほど気が利いておらず、汚らしいだけ…。ただ単に男のスケベ心が透けて見えています。圓楽だって不倫会見で、考え抜いた謎掛けをやっただけで、文化などと言える代物ではありません。可哀想なのは奥さんと彼女、圓楽の好いお笑いのネタにされてしまいましたね。

文化の香りがする不倫と言えば、彼のロマン派の二人の作曲家に勝るものはありません。ピアノの魔術師と謳われたフランツ・リストとそのお仲間の楽劇の創始者・リヒャルト・ワーグナー、正にこの二人こそが、不倫とは文化を地で行った極め付きのマダム・キラーでありました。この二人には相関図(関係)があり、血の繋がりはありませんが、親戚です。リストがワーグナーの義父に当たると言う関係です。

若きリストは、パリ社交界の花・有閑マダムのマリー・ダグー伯爵夫人と不倫の仲となりました。マリーは地位・財産を捨て、リストと駆け落ちをしました。やがて二人は3人の子を儲け、一時は幸せに暮らしました(後に別れる)。その二人の次女にコジマ・リスト(後にビューロー、最後がワーグナー)がいて、やがてコジマは父・リストの盟友・ワーグナーと不倫をし、一子・ジークフリートを生みます。当時のワーグナーには妻があり、コジマには名指揮者・ハンス・フォン・ビューロー(ワーグナーの弟子)と言う夫がありました。やがて一子のジークフリートは父の後を次いで、作曲家・指揮者及び演出家となり、ワーグナーの創設したバイロイト音楽祭を繁栄に導きました。その後ジークフリート【リヒャルト(父)・コジマ(母)・フランツ(祖父)】の子孫達が代々の演出家として活躍し、ワーグナーのオペラ・楽劇を普及させてきたのです。リヒャルト・コジマ・フランツ・マリーの血は、今日脈々と受け継がれています。

もうお判りでしょ、不倫の果てに文化は生まれ花開きましたよね。こう言う事を「不倫は文化」と言うのです。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 20:58| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

一日の初めに… 今朝も鶯と目覚め 2016.03.26

今朝は曇天です。天気予報でも、横浜は一日☁、気温も低めですね。降水確率は20%、まあ雨に困惑する事はなさそうです。

今朝も私は鶯と目覚めました。今年の我が団地の鶯は名歌手です。「ホー…ホケキョ(法…法華経)」としっかりとした滑舌をしています。ところが、今仕事に行っている幼稚園の鶯は「ホー…ホケケキョ」と余分な音が一つあります。昨日園長先生とその事もしっかり確認済みです。そして園長先生は口笛で鶯に正しい?鳴き方を伝授しているそうです。恐らく桜が散る頃には上手くなっている事でしょう。

鶯はさえずり方を学習する鳥だそうです。好いさえずりの師匠が野に多くいれば、名歌手の誉れ高い鶯が増えますよね。市街地も森や藪を残しましょう。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:24| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

一日の初めに… 今日はNちゃんYちゃんと一緒にオーナーの田圃に

先日の稲刈りには行けなかったのですが、今日は収穫祭があるそうで、私達でNちゃんYちゃんを連れて収穫祭を祝って来ようと思っています。

後暫くしたら我が家を発ち、NちゃんYちゃん家に二人を迎えに行き、日向薬師の田圃に向かいます。もうお米は収穫され、脱穀されて、新米になっているでしょう。お握りにして出るのかしらね? 楽しみです。

さあ、行って来ます。
posted by 三上和伸 at 07:29| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

雑記帳 今日はNちゃんYちゃん一家と田圃の生き物について学びました

今日はNちゃんYちゃんのパパさんがオーナーの一人となっている伊勢原の日向薬師の棚田に行って来ました。この日の催しは昆虫博士をお招きしての水辺の生き物探し…。田圃の中の水棲昆虫や空中を飛ぶトンボなどを捕まえて昆虫博士に説明を受けました。

空中昆虫採集はパパさんの役目、水棲昆虫採集はジイジの役目、Nちゃんに手伝わせて頑張りました。

ミヤマアカネにイナゴやカマキリの陸上昆虫に加え、ゲンゴロウやヤゴの水棲昆虫、そしてカワニナなどの貝、それにヒルやイモリなどの水棲動物なども捕まえる事が出来ました。NちゃんとYちゃんはびっくり仰天興味津々、「世の中には色々なものがあるんだな〜」の人生最初のカルチャーショックが体験できたようでした。

二人の孫姉妹、どうやらここに来て、性格の違いが如実に表れて来た節が見受けられました。お姉ちゃんのNちゃんは一寸引っ込み思案、最初は場に慣れず尻込み気味、妹のYちゃんはまだ判りませんが場の雰囲気に飲まれず積極果敢気味、どちらも観察眼や学習能力は高そうですね。これジイジのジジ馬鹿!

そして我等が帰る時、Nちゃんは我等の走る車に何時までも「バイバ〜イ、バイバ〜イ、…」を投げ掛けてくれました。別れを惜しむ心、Nちゃん素敵だね… 私の心には温もりがありました。
posted by 三上和伸 at 22:23| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

一日の終わりに…116 好い旅、夢気分して来ました 2015.05.30

朝のお約束通り、茅ヶ崎海岸・好い旅、夢気分して来ました。思惑通り好天に恵まれ、憧れし愛しのハマヒルガオに会って来ました。有名海岸ゆえ人ばかりで静かな旅は出来なかったのですが、一先ず思いは叶いました。この模様は明日に、ライブドアブログでお知らせします。ではお休みなさい…
posted by 三上和伸 at 00:00| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

◎ブログ移転のお知らせとその移転先 2014.04.29

http://blog.livedoor.jp/otonotanoshimimikami/
新規の記事の掲載先は、ライブドアブログとしました。新しい記事をお読みになりたい方は、上記の宛先をクリックしてください。お待ちしております。
posted by 三上和伸 at 07:23| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

お知らせ 2014.04.29

何故か知りませんが、今シーサーブログが混乱しています。以前から使い難かったのですが、もう我慢も限界です。当分の間(永遠?かも?)ライブドアブログに移行して書いて行く事にします。新規の記事はライブドアブログでお楽しみください。
posted by 三上和伸 at 11:54| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

最後のダイエット日誌252 平均体重:78.75kg 2013.11.25

*今朝の天気 曇 室温:15.0℃ 外気温:10.0℃ 北の風

*昨夜の体重:79.0kg
*今朝の体重:78.5kg
*平均値:78.75
昨日は娘夏子のピアノ教室発表会があり、その世話もあり、またNちゃんとのお遊びもあり、ウォーキングは割愛しました。今、Nちゃんは我が家にいますよ。お泊りでした。フフフ…
posted by 三上和伸 at 08:42| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

最後のダイエット日誌237 77.75kg 24.6% 2013.11.10

*昨夜 体重:78.6kg 体脂肪率:25.0%
*今朝 体重:76.9kg 体脂肪率:24.2%
*平均値 体重:77.75kg 体脂肪:24.6%
ここのところ体脂肪率がやたら高めに出ています。ホントヤバイですね。少し前までの甘味偏重の間食に原因があるようです。当座から暫くの間を置いてその因果が現れてくるのですね。怖いです。
posted by 三上和伸 at 23:43| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

最後のダイエット日誌224 78.25kg 23.65% 0歩 2013.10.28

◎今朝の天気 晴れ曇り 室温:20.0℃ 外気温: 北の風

*前夜 体重:78.6kg 体脂肪率:22.7%
*今朝 体重:77.9kg 体脂肪率:24.6%
◎平均値 体重:78.25kg 体脂肪率:23.65%
気象情報を聞けば台風シーズンは終焉し新たな季節へ進んだとか、拠って晴れの日が多くなりますね。愈々落ち着いてダイエットに励めます。ウォーキングも毎日のように出来ます。さあ、後3kg減の75kgを目指して頑張ります。

◎ウォーキング 0歩
posted by 三上和伸 at 08:42| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

☆新ブログへのお誘い

☆新・音の楽しみの最新記事
新・ブログ↓
http://blog.livedoor.jp/otonotanoshimimikami/

☆食べ歩き・喫茶と間食、そしてテイクアウト 葉山鴫立亭 2012.12.01ショコラ・シャンティとトランシュ・ショコラ
三上家一押しのケーキ屋さん、親戚の鴫立亭の絶品ケーキのご紹介。ホントに美味しいのです。是非一度お試しあれ!

☆星空ウォッチング71 今、観えました!金星・土星の大接近! 2012.11.27
土星と金星
薄い雲ありましたが、その雲間から観る事ができました。

☆星空ウォッチング70 金星・土星、大接近、スピカと水星もあわよくば… 2012.11.26
明日の早朝、5時30分に金星・土星の大接近が観られます。そして嬉しい事に、おとめ座のスピカとあわよくば水星までも、観る事ができます。お勧めです。

☆星空ウォッチング69 旧神無月の上弦 2012.11.20
2012旧神無月の上弦
上弦の月に纏わる歌を紹介します。吉田拓郎の「旅の宿」。そこに歌われているのは、若き男の切なる願望、女性への憧れ…

☆星空ウォッチング68 この後の天体ショーのお知らせ 2012.11.19
この後の11月にスタンバイされている天体ショーをお知らせしています。

☆ピアノの話561 仕事仕事仕事…、最後にカウチポテト族 2012.11.18
大忙しの仕事が済んだらウォーキングでなくカウチポテト族になってしまいました。 

☆星空ウォッチング67 三日月と地球照 2012.11.16
三日月と地球照
三日月と月の影の部分の地球照が美しい…

☆星空ウォッチング66 しし座流星群極大 2012.11.17
しし座流星群極大のお知らせ

☆間奏曲560 紫に染まるエリスマン邸 2012.11.13
エリスマン邸、紫で飾られて… パープルのサンルーム
横浜山手のエリスマン邸が、何と紫に彩られました。その華麗なる色合いに寄り添い流れる夏子のピアノの響きは正に高雅そのもの、それはまたとない贅沢な一時でした。

☆ピアノの話40 グランドピアノ銅巻き線の張り替え 2012.11.11
右3番目の25A右を巻き替える 邪魔なダンパーを外す 弦をアグラフに通す 弦を巻く ダンパーを戻す 完成
GP銅巻き線の張り替えを順を追って説明しています。コツのコツをお教えしています。是非参考にしてください。

☆食べ歩き・昼餉 上高地帝国ホテル・レストラン・アルペンローゼ 2012.10.20
帝国ホテル、日本を代表する洋食の味、ビーフごろごろの絶品・ビーフカレーを頂きました。ご馳走様!

☆信州漫歩1 上高地 2012.10.20
上高地探勝の写真版を掲載しました。写真数29枚、穂高が素晴らしいですよ。

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 4、瑞泉寺 2012.10.08
鎌倉の風致の地に創建された静かな禅寺、。自然の地形を生かして造った名勝の岩庭が素晴らしい…。開山・夢窓国師入魂の寺。

☆間奏曲559 美しい!美味しい! 銘菓:萩の薫 2012.10.30
箱の蓋を開けたら吃驚、頂いたら驚嘆、美しくて美味しい絶品のお菓子

☆星空ウォッチング58十三夜-59小望月-60望月-61十六夜-62立待月-63居待月-64寝待月-65更待月
十三夜、小望月(十五夜一日前の月)、望月(十五夜)、十六夜の月、立待月、居待月、寝待月、更待月と月は月でも名前のある月を並べてみました。見比べると面白い! 

☆星空ウォッチング58 2012十三夜の名月 2012.10.27
十三夜の栗名月、期待に違わぬ床しい姿を魅せてくれました。いい月でした、感謝…。

☆季節の便り2 田代池の黄葉 上高地 2012.10.20
金色に染まる田代池、これぞ秋の神秘の情景、正にエレジー(哀歌)ですね、涙が溢れます。

☆星空ウォッチング59 オリオン座流星群観えませんでした 2012.10.22
空振り続きの天体観測、自然の神秘を目撃するのは意外に難しい、次回は必ず…。

☆上高地の私 上高地からただ今もどって来ました 2012.10.20
大正池の真ん中から穂高を撮りたくてボートに乗りました。妻とは?新婚旅行・春の弘前城以来のボート遊び、33年前の桜吹雪が私の瞼の内に舞いました。「新婚旅行を思い出すね、ニコッ!」、「そうね…微笑…」、二人は満更でもありませんでした!

☆星空ウォッチング55 さそり座アンタレス、火星と接近、月も参上 2012.10.19
さそり座アンタレスと火星が接近、月も絡みます。まるで錦絵の相撲のようで見応えがあるでしょう。

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 3、山上を歩く 2012.10.08
いよいよ山上を歩きます。森と風、絶景にお花、そして鎌倉石の墳墓(窟)。鎌倉らしい景色が現れては消えて行きます。

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 2、建長寺半増坊 2012.10.08
建長寺随一の面白処・半増坊、珍しい天狗の銅像と出会えます。ところで何故天狗なのかお解りですか? お知りになりたければ、是非新ブログへ…

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 1、建長寺 2012.10.08
天園ハイキングの始まりは建長寺、僧は修行に明け暮れ、鎌倉の禅寺の凄さを今に伝えています。朝は座禅、昼は托鉢、夜は経文、一日中大忙しです。
posted by 三上和伸 at 21:46| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

ご挨拶と私のプロフィール

 皆様、お元気ですか? 何時も私のブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。私事の拙い文で恐縮であり、また詰らない戯言にお付き合いをさせてしまい、申し訳なく思う今日この頃です。全く以て恥ずかしい限りです。しかし少しでもこの駄文に関心を寄せられ読んでくださるならば、それは私の喜びであり本懐です。
 ピアノ調律技術の仕事を始めて早三十七年、よく飽きもせずやってこられたな…と己自ら感心する次第です。それは紛れなく私が音を好み、音楽好きであり、ピアノが大好きな男であると言う証でしょう。
 ピアノ(の音)作りの原点とは、よい設計をし、よい材料を選び、より優れた職人の技で加工組立し、ピアノの音、響きとは何かを知り尽くした調律師が整調(鍵盤とアクションを整え、鋭敏で気持ち良いタッチを作る作業)、調律(音律を正しく整え、正確な音階と透明な響(和声)を得る作業)、整音(フェルトハンマーを整形し、一音一音の硬軟をハンマーに針を刺して均一に整え、美しい音色を得る作業)をして最高に音楽的なピアノを作る事です。
 ピアノ調律師とは今述べた最後の三つの工程、整調、調律、整音をする人、つまり完璧な音のピアノに仕上げ、弾き手に直接手渡す人間の事なのです。(ピアノ工場では調律師の事を仕上げ屋と呼んでいました。)今思えばそんな素敵な職業につけたのは真に幸運であり、幸福な事であると確信しています。「良かったな…」としみじみ思っている所です。今後も上を目指し精進し、美しいピアノの音を作り出して行きます。どうぞその節にはご愛顧の程よろしくお願い致します。
 皆様もピアノについての疑問質問をお寄せください。精一杯のお答えを致します。ご期待ください。
 メールアドレス otonotanoshimi_mikami@yahoo.co.jp
 また、我が娘三上夏子はピアノ教師をしています。ピアノ演奏の事、ピアノのテキストの事、更にバロック・ダンスの事など、ご質問をお寄せください。こちらはブログアドレス三上夏子で開きます。
posted by 三上和伸 at 22:10| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

プロフィール

 初めまして、ピアノ調律師の三上和伸です。今日よりこの紙面を使い“音の楽しみ”と題しましてピアノの事、そしてクラッシック音楽の事等、その素晴しさをお話しさせて頂きます。また、私の生業である調律師の仕事のあれこれについても、御紹介させて頂きます。そして更に、私の趣味である花作りについてのお話や、ライフワークとしている季節の便り・自然通信のブログ上の発行等、“調律師の休日”と名づけまして書かせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。
 プロフィール
 1950年8月17日生まれ 寅年の獅子座です。
 私が通った小、中学校はキリスト教系の私学校で、賛美歌を歌うのが日課であり、私はすっかり音楽好きとなりました。そして中学では吹奏楽部と聖歌隊を掛け持ちして忙しく活動し、演奏会や施設の慰問にも勤しみました。私立逗子開成高校を卒業し、思い悩んだ末ピアノ調律師になると決め、寺中一氏に師事し今日に至りました。調律の仕事は奥が深く難しく一生修行と心得ますが、近年漸くその帰結点が見えて来た気がします。皆様の中でピアノについてお困り方は私にお尋ねください。親切丁寧にお答え致します。お待ちしております。
 ピアノ調律料金(出張費等含む)
 アップライトピアノ¥15000 電気ピアノ ¥13000
 グランドピアノ  ¥17000 コンサートグランド ¥20000
 但し、ピッチ変更や長い間調律のされてないピアノには別途の料金が掛かります。¥5000より
修理
 一部品の交換は¥400より承ります。また如何なる修理にも対応いたします。ご相談頂きたく思います。(出張費及び修理基本料は別)
   メールアドレス otonotanoshimi_mikami@yahoo.co.jp
posted by 三上和伸 at 23:56| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする